毎月できてしまう「生理前ニキビ」をなんとかしたい!原因と対策は?

毎月できてしまう「生理前ニキビ」をなんとかしたい!原因と対策は?

生理前になるとイライラしたり、食欲が増して体がむくんだり、どんより気分になってしまいがち。そこに追い打ちをかけるようにニキビができてブルーな気持ちになったという経験はありませんか?生理前になるとニキビができやすい原因や対策をご紹介します。

生理前になるとニキビができやすい原因って?

毎月やってくる生理前のどんより気分になりがちな数日間、ちょっとしたことでイライラしたり、泣きたくなったり、食欲旺盛になって体がむくんでしまったり…。そこにプラスしてニキビがぽつんとできてしまった日には、気持ちが沈んで外出するのも嫌になってしまうことがありますよね。

そもそも生理前にニキビができやすいのは、排卵後の黄体期に皮脂分泌を促すプロゲステロンが増えることが原因と言われています。また生理が終わった後、なんとなく肌の調子がいい気がしませんか?これは、エストロゲンという肌の潤いとバリア機能を高めてくれる美肌ホルモンの分泌が多くなるからと考えられています。

生理前になると、このエストロゲンの分泌が減少してプロゲステロンが増えるため、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まることでニキビができやすいと言われています。

生理前のニキビを改善するスキンケア

生理前にニキビができやすいという方は、カレンダーに自分の生理周期を書いておき、排卵日の1〜2日ほど前からニキビケア用の基礎化粧品に切り替えることをおすすめします。生理の直前にニキビケアをするよりも、排卵日の少し前頃から始めて2週間ほどニキビケア用の基礎化粧品を使うことで、よりニキビを予防することができると期待されています。

また、生理前の肌はデリケートな状態になっているので、ゴシゴシ擦る洗顔やクレジングは控え、たっぷりの泡を使って肌に軽くタッチするようなイメージで洗顔をしてすぐに保湿をしましょう。

生理前は皮脂の分泌が増えやすいので、化粧水を塗ったら乳液を薄くのばす程度がよいそうです。油分たっぷりのクリームを塗りすぎてしまうと、余計にニキビができやすくなる場合があるので注意してくださいね。

生理前のニキビケアは食生活も大切!

生理前のニキビ予防には、スキンケアだけでなく食生活の見直しも重要になるでしょう。美肌に近づけるビタミン類や、便秘を解消して身体の老廃物を出してくれる働きがある食物繊維などを中心に食事を摂りましょう。

生理前になるとどうしても油っこいものや甘いものを食べたくなりやすいですが、水分と野菜、海藻類をたっぷり摂ってヘルシーな食事をするのもポイントでしょう。

関連記事