脱・老け顔!気になる目の下のたるみをカバーする効果的なメイク方法

脱・老け顔!気になる目の下のたるみをカバーする効果的なメイク方法

目の下の「たるみ」はアイクリームや美顔器を使ってしっかりケアを行うことで防ぐことができると期待されていますが、そのためにはある程度の期間が必要と言われています。とはいえ、今すぐなんとかしたいという方はメイクで賢くカバーしていきましょう!

目の下に「たるみ」ができやすい原因について

1.老化現象
目の下のたるみの主な原因は、老化現象が挙げられます。年齢を重ねるごとに肌の筋肉は衰え、コラーゲンの量も減少傾向にあるため徐々に目の下の皮膚が下がり、たるみが目立ち始めると言われています。

2.スマホやPCの見過ぎ
最近は中年層の女性だけでなく、たるみなどの肌トラブルに早々と悩んでいる若い女性が急激に増えているそうです。原因のひとつにスマホやパソコンの見過ぎと考えられています。スマホやパソコンを使っているとまばたきの回数が減り、目の周りの筋肉が衰えやすいため、できる限り長時間の使用は避け、アイトレーニングなどを普段から取り入れていくことをおすすめします。

目の下のたるみを徹底カバーする!おすすめのメイク方法(ベースメイク)

それでは早速、目の下のたるみをカバーするおすすめのメイク方法について解説します。筆ブラシやスポンジなどのアイテムをうまく活用することで、よりナチュラルな仕上がりを実感することができるでしょう。事前にこれらのアイテムを取り揃えておくことをおすすめします。

1.下地を顔全体に塗り終えたら、ブラシを使って目の下のくまをコンシーラーで消していきます(黒クマにはパールを配合したベージュのコンシーラー、茶クマにはイエローカラー、青クマにはオレンジ系がおすすめです)。仕上げにスポンジで押さえるように馴染ませていきます。
3.筆ブラシを使ってリキッドファンデーションを内側から外に向かって少しずつ重ねていきます。ブラシを使うことで均一に馴染みやすくなります。
4.更にリキッドタイプのコンシーラー(色味が反射しやすいパール入りのものがおすすめ)を使って目の下に重ね塗りしていきます。この時もスポンジでポンポンと押さえるように馴染ませていきましょう。
5.細かい筆ブラシで薄く表面を覆うようにルースパウダーをのせていきます(つけすぎてしまうと目の下のシワ・たるみが目立ちやすくなるのでほんの少しでOKです!)。

目の下のたるみに効果的なフェイスケアについて

目の下のたるみやシワに効果的なフェイスケアについて解説します。1日3分もあればすぐに実践できるので、日々の美活方法の一環として取り入れてみてはいかがでしょうか?

1.手をしっかりこすり合わせて、温かくなってきたら手をカップ状に丸め、目の周りを覆います。こうすることで目の周りの血行が促進され、眼精疲労やくすみの予防改善にも効果があると言われています。
2.1のウォーミングアップが終わったらメイク用の筆ブラシを使ってフェイスケアを行っていきます。目頭に横に寝かせたブラシをふわっと優しくのせます。そのままの状態で深呼吸を3回行います。
3.目尻にブラシを乗せて上目遣いをしながら、先ほどと同じように深呼吸を3回行います。
4.目の下、目の上も2と同様に深呼吸を3回行います。
5.目の周りにある骨のキワを筆で優しく3周分なぜていきます。
6.最後にもう一度温めた手を目に当て、3〜4回深呼吸をして完成です。
関連キーワード

関連記事