スタミナたっぷり!栄養士が教える旬の食材を使った夏の美肌飯

スタミナたっぷり!栄養士が教える旬の食材を使った夏の美肌飯

夏は汗や皮脂の量が増えやすいことから、ニキビなどの肌トラブルが毎日絶えないものですよね。そこで栄養士の筆者が考案した、この夏ピッタリのスタミナもつけながらお肌の調子を整える、夏の美肌飯の作り方をご紹介します!

夏の旬の食材を食べると美肌・健康に良いと言われる理由

昔から旬のものを食べると、お肌や健康に良いと言われているのは「薬膳」にその原点があります。薬膳には五性という考え方があり、わたしたちが普段口にしている食材は「寒性」「涼性」「平性」「温性」「熱性」という5種類の性質に分けられているとか。

例えば寒性や涼性の食材は、その名の通り体の熱を吸収してくれる作用があるほか、それらは暑い夏場や南国地方で収穫されやすいという特徴があります。一方、熱性や温性の食材は冬の寒い季節や北国で収穫され、食べることで体をポカポカに温める働きがあります。

そういったことから、旬の食材を食べることで季節にあった体に自然と調整されるため、体調不良や肌荒れなどを事前に防いでくれると言われているのです。

スタミナたっぷり旬の食材を使った夏の美肌飯「冷しゃぶサラダうどん」

疲労回復効果が高いビタミンB1を含む豚肉や夏野菜をたっぷり使ったサラダうどん。冷たく、さっぱりとした食べやすい味付けにした、食欲が落ちやすい夏場にピッタリのレシピをご紹介します。

【材料】 
・豚肉 30g
・ズッキーニ 1/3本
・茄子 1/3本
・にんにく 1片
・トマト 1/4個
・きゅうり 1/3本
・かいわれ 適量
・レタス 2枚
・大葉 2枚
・冷凍うどん 1玉
・サラダ油 大さじ1
・温泉卵(トッピング用)

〜ドレッシング〜
・酢 大さじ3
・薄口醤油 大さじ2
・はちみつ 小さじ1/2
・ごま油 小さじ1
・塩胡椒 適量
・おろしにんにく 適量
・鷹の爪 適量
・だし汁 100ml

【作り方】
1.まず、ドレッシングを作っていきます。ドレッシング用の材料を全て鍋に入れ、弱火で5分程加熱しましょう。

2.トマト、きゅうりは一口大にカットし、塩もみしておきます。

3.ズッキーニ、茄子は薄い半月切りにカットします。

4.フライパンにサラダ油をひき、にんにく→ズッキーニと茄子の順番で炒め、軽く塩胡椒で味を整えます。

5.豚肉は沸騰しない程度に温めておいた鍋の中で茹で、氷水で引き締めた後キッチンペーパーでしっかり水気を取っておきます。

6.お皿にレタスをひき、解凍済みのうどん、その他の野菜、豚肉をのせていきます。

7.最後にドレッシングと温泉卵をのせて完成です。

スタミナたっぷり旬の食材を使った夏の美肌飯「にんにくの芽入りピリ辛グリーンカレー」

フライパン一つで約12分前後で仕上がる、簡単グリーンカレーの作り方です。コンソメの素ではなく、鶏がらスープの素を加えることで本場タイの味に近づけることができます。

【材料】
・鶏もも肉 300g(1枚分)
・茄子 1本
・パプリカ 2個
・にんにくの芽 6本
・にんにく 2片
・グリーンカレーペースト 1袋
・ココナッツミルク 1缶
・塩胡椒 適量
・薄口醤油 大さじ2
・お砂糖 大さじ2
・鶏がらスープの素 小さじ2
・サラダ油 適量

【作り方】
1.鶏肉は塩胡椒で下味をつけ、一口大にカットします。

2.茄子・パプリカは乱切りにし、にんにくの芽は4cm幅に食べやすくカットします。

3.オリーブオイルをひいたフライパンに、薄くスライスしたにんにくを入れ、鶏肉→にんにくの芽→茄子の順番で加熱します。

4.茄子が油を吸ってきたらパプリカを投入します。

5.お肉に火が通ったらグリーンカレーのペーストを加え、ココナッツミルクを1缶丸ごと入れます。

6.醤油・お砂糖・鶏がらスープで味を整え、中火で5分間加熱し完成です。

美肌飯でお肌の調子を整えて、たっぷりスタミナをつけましょう!
関連キーワード

関連記事