【医師に聞く!】腸活で病院に相談はあり?おすすめサプリ&食べ物は?

【医師に聞く!】腸活で病院に相談はあり?おすすめサプリ&食べ物は?

腸に良い食事や適度な運動で腸活を自分なりに続けているけどあまり効果が出ないという声も聞きます。そこで美容内科・アンチエイジング内科医である真弓愛先生にお医者様の立場から病院に相談することやサプリメントなどについてアドバイスをいただきます。
教えてドクター! 本当のキレイ&元気は腸活から! 真弓愛先生

腸活で困ったら病院に相談&メディカルサプリメントで改善!

腸内環境を良くするために自分で「腸活」しても、「体の調子がいまいち良くない」「便秘傾向が改善されない」といったときは、病気とまではいえないかもしれませんが病院に相談しても大丈夫ですか?

「もちろん大丈夫です。症状を詳しくお聞きして場合によっては検査(CTや内視鏡など)も行います。検査によって器質的な問題(臓器や細胞などそれ自体の異常や病気)がなければ、乳酸菌のバランスを整える『メディカルサプリメント』や『ミネラル』などを補給したり『点滴療法』など様々な治療を行っていきます」(真弓先生)

真弓先生によると「メディカルサプリメントとは市販のサプリメントとは異なり、クリニックなど医師の診断の下ではじめて処方してもらえるサプリメントのことをいいます。
市販のものよりも高濃度・高品質で、不要な添加物が少ないから安全。その人の症状に応じて必要な成分を処方してもらえるので一般に効果が高いことが特徴」といえるそうです。

腸活を自分がんばっても効果が出ないときは、お医者さんに相談してメディカルサプリメントも含めた総合的なサポートを受けるのが良いようです!

美容内科医が実践中!腸活に良い食べ物とは?

とても美肌でスリムな真弓先生ですが、先生が腸のために積極的に取り入れている食材や食事法を教えてください!

「私は、善玉菌が喜ぶ『水溶性食物繊維』が多い『玄米』を積極的に取り入れています。この『水溶性食物繊維』は善玉菌が喜ぶだけでなく、腸内での栄養吸収を穏やかにしてくれるので、コレステロールの吸収を抑制したり、血糖値の急激な上昇を抑えるなどダイエットには最適の食材といえるからです。

食べるときには、おかずやごはん類からではなく、野菜などの『食物繊維』が多い食材から食べるようにしています。これに含まれる食物繊維には、先の『水溶液食物繊維』ともうひとつ『不溶性食物繊維』の2つがあり、後者の『不溶性食物繊維』は、完全に消化されない状態で大腸まで届くので、排便を促し腸内の悪い物質を積極的に排出してくれるからです。

野菜や玄米は、この2つの食物繊維をバランスよく含んでいるので、腸内環境の維持には必須の食材と思います。また、 『乳酸菌生成サプリメント』も併用していますよ」(真弓先生)

美容内科医である真弓先生直伝の「腸活食」は、どれも医学的根拠に基づいたものでありながら、身近な食材ばかりでとても参考になりました。ちなみに、もうひとつの先生おすすめの腸活食材は、日本人の腸に合う「お味噌汁」とのことです。

食べ過ぎは禁物ですが、おいしく食べて健康的に痩せられる「腸活」は、とても魅力あるダイエット法ですよね。日本人ならではの食材である「玄米」や「お味噌汁」などもうまく取り入れれば、私たち日本人にとても合ったダイエット法となるのかもしれません。あなたもはじめてみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
真弓 愛 先生
真弓愛メディカル美容内科・アンチエイジング内科 院長

関連記事