【STOP!】就寝前のスマホ! 毎日の健康は「質の良い睡眠」から

【STOP!】就寝前のスマホ! 毎日の健康は「質の良い睡眠」から

もはや生活になくてはならないスマホ。SNSや調べ物など、就寝前に使っている人も多いと思います。翌朝、グッスリ寝たはずなのに疲れが取れていない…なんてことはありませんか? 実はスマホが与える睡眠への影響は、想像以上に大きいのです。

スマホが原因?なぜ睡眠サイクルが崩れるのか

もともと人間には、睡眠サイクルが備わっており、太陽を浴びると覚醒して夜になると眠くなるのは、メラトニンという物質の分泌によるものだそう。メラトニンは、脈拍数や血圧を下げて体を睡眠へ向かわせる物質なのですが、明るい場所にいると分泌されにくいとされています。

ここで自身の睡眠について考えてみましょう。就寝前にスマホでインターネットやゲーム、SNSのやり取りなどで気が付けば長時間起きていた…なんてことはありませんか?スマホ画面から放たれるブルーライトを、脳は昼間と勘違いしてしまい、メラトニンが分泌されにくい状態になってしまうことがあります。さらに画面の情報を見ていると、ますます脳が活性化して覚醒状態になるとも言われています。

簡単にいうと、リラックスしていない状態で眠ろうとしているため、結果的に浅い眠りになってしまうそうです。そんな状態が続くと睡眠障害を引き起こす可能性があると考えられています。

睡眠の質を上げて快適な眠りを!

スマホに限らず、強い光はメラトニンの分泌を抑制してしまうことがあります。寝る前にコンビニなどの明るい場所へ行くのも控えた方が良いでしょう。またパソコンやタブレットの画面からブルーライトを浴びてしまうので注意したいところ。もちろんテレビは付けっぱなしにせず、部屋の照明もできるだけ暗くして眠りましょう。リラックスして眠るためにはメラトニンの分泌を促す、暗い時間と空間を作ることが大切と言われています。その習慣を心がけるだけでも、睡眠の質は変わってくるでしょう。

それでも、どうしてもスマホを使いたいときは画面の明るさを最低レベルまで落とすなど工夫して使いましょう。ブルーライトカットのメガネをかけたり、フィルムをスマホ画面に貼るなどもオススメです。

質の良い睡眠へ!習慣を身に付ける

大切なのは、就寝前にスマホを使っていた習慣で狂っている可能性がある睡眠サイクルを、正しく戻すということ。寝つきの悪さや浅かった眠りを改善するためにも、深く眠るための習慣を心がけましょう。

できるなら、就寝の1時間前にはスマホを使うのをやめる習慣を身に付け、代わりにストレッチや誘眠効果があるアロマなどで、脳や体をしっかりと休ませる睡眠の準備をすると良いでしょう。

関連記事