ハーブ足湯で心も体もリラックス!夏こそ足湯がおすすめな理由とは?

ハーブ足湯で心も体もリラックス!夏こそ足湯がおすすめな理由とは?

足湯といえば、温泉地にあるイメージが強いという方も多いはず。でも、自宅で足湯をすることで簡単にスパ気分を味わうことができますよ。ご紹介するのは、すぐにできて夏にこそおすすめの、ハーブを取り入れたハーブ足湯です。

夏こそハーブ足湯で心も体も癒されよう!

ハーブ足湯とは、その名の通り足湯にハーブや薬草を入れて楽しむ入浴法。夏場は湯船に入ると暑くて汗をかくのが嫌、着替えるのが面倒…という方は、靴下を脱げば入れるハーブ足湯がおすすめなのです。

夏はエアコンが効いた部屋にいると体が冷えてしまいがち。寒い部屋から暑い外に出たり入ったりしていると、温度差で体が疲れてしまいますよね。

そもそも足は、心臓から一番離れているところにあるので血流が悪くなり老廃物がたまってむくみやすいと言われています。温かい足湯につかれば、足全体の血行が良くなり、滞った血流や老廃物が排出されて足がむくみにくくなると考えられています。

さらにハーブを入れることで、香りによるリラックス効果や血流を促進してくれる効果が期待できるのです。いますぐできるハーブ足湯にトライしてみましょう!

材料はたったこれだけ!すぐにできるハーブ足湯のやり方

用意するものは両足が入る洗面器と生ハーブか乾燥ハーブをカップ1杯程度、そして38℃ほどのぬるま湯。たったこれだけです。

生のハーブの場合は、水でよく洗ってからぬるま湯を入れた洗面器にさっと入れておきます。乾燥ハーブの場合は、ハーブをガーゼタオルで包んで輪ゴムで口を閉じたものを洗面器に入れるだけでOK。洗面器の底に丸いストーンをたくさん敷き詰めておくと、ツボ押しもできて一石二鳥ですよ!

足のくるぶしが隠れるくらいまで浸かって、10〜15分温まります。足湯が終わったら水気を切り、乾燥と冷えを防ぐためにレッグウォーマーやふわふわの靴下などを履くと良いでしょう。

気分でハーブを変えるのもおすすめ!夏こそハーブ足湯で癒されよう

使用するハーブは、癒し効果と冷え防止効果のあるラベンダー、カモミール、タイムなど。そこにショウガを入れるのも血流が良くなっておすすめですよ!

ハーブ足湯は、パソコンやスマートフォン、雑誌などを読みながら楽しめるので、忙しい時にほっと一息ついてみてはいかがでしょうか。

関連記事