敏感肌でもしっかり美白ケアがしたい!敏感肌の美白化粧品の選び方

敏感肌でもしっかり美白ケアがしたい!敏感肌の美白化粧品の選び方

少しの刺激で肌がヒリヒリしたり赤くなったりする敏感肌。最近紫外線量が増えてきて美白ケアに力を入れたいけれど敏感肌だからどうしよう…と悩んでいる方も多いはず。そこで敏感肌の方におすすめの美白化粧品の選び方や効果的な使い方をご紹介します。

敏感肌向けの美白化粧品の選び方って?

近年美白ケアブームということもあり、あらゆる美白化粧品が売られています。ですが、美白化粧品に含まれる有効成分は、肌への刺激が強いものもあり、敏感肌の方は特に肌への負担が気になってしまうはず。そこで敏感肌の方におすすめな美白化粧品の選び方を見ていきましょう。

美白成分には、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンなどあらゆる成分があります。特におすすめなのが、カモミールからつくられているカモミラエキスやアミノ酸の一つであるトラネキサム酸。これらは抗炎症作用があるので敏感肌による肌荒れにも最適な成分だと言われています。

それだけでなく、敏感肌の場合はお肌のバリア機能をアップさせてくれるセラミドやヒアルロン酸などが配合された、高保湿の美白化粧品を選ぶこともポイントです。また、肌の刺激になりやすいアルコールや紫外線吸収剤、着色料や香料などが含まれていないものを選ぶといいでしょう。 

敏感肌におすすめ!美白化粧品の効果的な使い方

美白化粧品を使うにあたって、古い角質が溜まっていると有効成分が浸透しにくくなってしまうため、角質ケアをすることがポイントです。敏感肌の場合、拭き取りローションやジェルピーリングなどは刺激になりやすいのでなるべく避けて、塗るだけで角質ケアができる美容液タイプのピーリングを使いましょう。即効性はないものの、使っていくうちに古い角質が柔らかくなって取り除くことが期待できます。

そして化粧水をつける前に、高保湿タイプの導入美容液を肌になじませて柔らかな肌の土台をつくっておきましょう。この一手間で角質層が柔らかくなり、美白化粧品が浸透しやすくなるのです。

そのあとコットンにたっぷり美白化粧水を含ませて顔全体に貼っていき、5分ほど放置するコットンパックを。仕上げに乳液かクリームを薄く伸ばしてくださいね。

敏感肌でも完璧な美白ケアを!

肌に刺激が強いイメージがある美白化粧品でも、慎重に選べば大丈夫でしょう!

もちろん毎日のスキンケアも大切ですが、シミをつくらない・増やさないためにも1年中日焼け止めを塗って紫外線対策を怠らないようにすることも重要です。こまめに日焼け止めを塗り直し、帰宅後は念入りな美白ケアをして透明感あふれる美白肌を手に入れてみてくださいね。

関連記事