【超簡単】くびれたい夏におすすめ!「ベリーダンス」のやり方

【超簡単】くびれたい夏におすすめ!「ベリーダンス」のやり方

夏といえば海シーズン!体型に自信がないとどうしてもTシャツを着たり、ワンピース風の水着を着用したりとウエスト周りを隠してしまうものですよね。そこでくびれを作りたい女性におすすめの「ベリーダンス」の基本的な動きについて紹介します。

ベリーダンスで目指せくびれBODY!〜基本の動きについて〜

ベリーダンスの基本的な動き方は数種類ありますが、そのなかでもより美しいくびれを作ることに期待ができる動きについてご紹介したいと思います。

【フィギュアエイト】
お尻・腰を回しながら床と平行な面に沿ってクルクルとリズミカルに8の字を描いていくダンス方法です。

1.足を少し開き、胸を上の方に引き上げるイメージで真っ直ぐ立ちます。
2.右の骨盤を斜め前に突き出し、ツイストダンスを行う要領と同じように少し右肩を引いて上半身を安定させましょう。
3.右の骨盤から時計回りに大きな円をかいたら、今度は左の骨盤を斜め前に突き出しながら逆時計回りに円をかきます。
4.2〜3の動きを繰り返し行い、8の字を作っていきます。

【マイヤ】
壁と平行な面に沿って8の字を描くシンプルなダンス方法です。噴水が出てくるように下から上へ伸び上がっていくイメージで踊りましょう。

1.足の裏をしっかりと床につけて骨盤をぐっと内側に伸ばします。
2.左の膝が曲がらないよう意識しながら右の骨盤を右斜め上に上げます。
3.少しずつ右骨盤を下方向に下げながら自然に左骨盤も左斜め上に上げていきます。(右膝を曲げないように)
4.2〜3の動きを繰り返して8の字を作っていきます。

ベリーダンスを上達させるために実践すべきこと

◎姿勢の改善:ベリーダンスは横から見たときに一直線のラインになっている状態が最も正しい姿勢です。美しい姿勢に近づけるよう猫背気味の方は普段から鏡で姿勢の状態をこまめにチェックするよう心がけましょう。

◎腹筋を鍛える:練習を続けていくにつれて自然にお腹・お尻周りに筋肉がつきやすくなります。ベリーダンスは主に上半身を動かしながら踊りますので、できればダンスレッスンと別に筋トレをしながら腹筋を鍛えておくと基本的なフォームもより美しく見せることができるそうです。

◎タンパク質を積極的に摂る:筋トレと合わせて筋肉の材料となるタンパク質を積極的に摂りましょう。タンパク質を含む食材などを摂取することで基礎代謝が高まり、痩せやすい体質に改善すると言われています。
関連キーワード

関連記事