ゴルゴ線って何歳からできるの?具体的な原因や対策について

ゴルゴ線って何歳からできるの?具体的な原因や対策について

目頭から頬の横に向かって入る深いシワ、通称ゴルゴ線。まだ若いから大丈夫!と肌ケアを怠ると将来とっても後悔する事になるかもしれません。ゴルゴ線は一体何歳くらいからできるのか?原因と予防方法をご紹介します。

ゴルゴ線は何歳からできる?具体的な原因について

ゴルゴ線は老化現象の一種で、年齢とともにコラーゲンが減少しハリがなくなったり、表情筋が衰えることでできてしまうと言われています。おおよそ30代後半〜40代頃から現れやすい肌トラブルですが、最近は20代後半の女性もゴルゴ線ができてしまう可能性が高くなっているようです。

事前に予防するためにもこれからご紹介する対処法を、積極的に実践してみてください。

ゴルゴ線におすすめの対策(エクササイズ編)

2リットルの空のペットボトルを使って、顔周りの筋肉をしっかり鍛えるエクササイズをご紹介します。シワが薄くなりやすいと言われているエクササイズなので、毎日継続的に実践することでゴルゴ線対策にも効果が期待できるでしょう。

1.ペットボトルを持った状態で足を肩幅に開きます

2.ほーっと声を出しながらペットボトルの中に息を全部吐き出します。

3.口をつけ、お尻の筋肉をきゅっと引き締めるように意識しながら、今度はペットボトルが凹むまで息を思いっきり吸い込みます。

4.最後にペットボトルがもう一度膨らむように息を吐き出します。

ゴルゴ線におすすめの対策(マッサージ編)

では次に、ゴルゴ線対策に有効なマッサージ方法をご紹介します。口の中に指を入れる方法ですので、すぐに手洗いできるお風呂の中や歯磨きを行う際に実践することをおすすめします。

1.人差し指と中指で、目の下にある頬骨をクルクルとマッサージしていきます。(この際痛みを感じたら表情筋がこっている証拠です)

2.小鼻の横あたりの骨に人差し指と中指を当て、「えー」「おー」と声に出しながら押していきます。

3.親指を口の中に入れます。親指は頬の内側に当たるようにし、外側にある4本指と一緒に頬周りの筋肉を挟み込むように固定します。

4.外側・内側からリズミカルに5回プッシュします。筋肉をほぐすようなイメージでしっかりと押していきましょう。

これらのエクササイズとマッサージで、シワになりにくい肌を目指し、ゴルゴ線を予防しましょう。
関連キーワード

関連記事