湯上りパンダ目になってない!?美容部員が実践するウォータープルーフの正しいクレンジング

湯上りパンダ目になってない!?美容部員が実践するウォータープルーフの正しいクレンジング

夏場になると大活躍するウォータープルーフのコスメたち。汗や皮脂に強いのは嬉しいけれど、その分落としきれず、残ったコスメが肌に悪影響を及ぼす可能性も.....

夏場になると大活躍するウォータープルーフのコスメたち。汗や皮脂に強いのは嬉しいけれど、その分落としきれず、残ったコスメが肌に悪影響を及ぼす可能性も...。

そこで今回は、知っているようで意外と知らない「ウォータープルーフコスメの正しい落とし方のPOINT」を、資生堂Webビューティーコンサルタントの小林里奈さんに聞きました。

こんな人は要注意! 湯上りパンダ目女子あるある

しっかりクレンジングしたはずなのに、顔を洗ったら目の下がうっすら黒くなったとか、スキンケアをする際にコットンが黒く汚れてしまった、という"湯上りパンダ目"経験はありませんか?

これらはすべて、クレンジングでメイクを落としきれていなかった証拠。このようなことが続くと、くすみなどの肌トラブルを起こしてしまいます。また、無理に落とそうとゴシゴシ強くこすると、シワや乾燥を招く恐れも...。

ウォータープルーフコスメは落ちにくくできているので、多少手間でもポイントリムーバーを使って落とすのが一番。長時間こすらなくても落ちるので、結果的にクレンジングの時間短縮も可能です。

とはいえ、いくらポイントリムーバーを使っても、こすったり力を入れすぎたりするのはNG。以下の方法で正しくオフしてくださいね。

ウォータープルーフコスメの正しい落とし方

1. 専用リムーバーをコットンに10円玉より大きめに出します。コットンが透ける位たっぷりとしみ込ませましょう。

2. 専用リムーバーをしみ込ませたコットンを、落としたい部分に15秒くらいのせます。そうすることで、メイクとリムーバーがしっかりなじみ、するっとオフできます。 コットンを持っている指を目元の丸みに合わせるようにしておさえると、なじみやすいですよ。

3. 目のキワは、コットンを4つ折りにして作った角を、アイラインに沿わせるように左右にやさしく拭き取ります。ゴシゴシこすらず、ゆっくりと行ってくださいね。

美容部員が+αでやっている落とし方のコツを公開♡

POINT1
細かい部分は、綿棒に専用リムーバーを含ませて落とすのもおすすめ! その際、まつ毛は1本1本根元から毛先に向かって動かします。メイク用のコットンチップは先が細くなっているので、専用品を使うとキワまでしっかり落とせるんです!

POINT2
コットンや綿棒に色がつかなくなったら、メイクが落ちたサイン! ここはきちんと毎回チェックします。必ず落ちるので、焦らず、数回繰り返してみてください。

POINT3
意外と重要なのがポイントリムーバーとクレンジングのメーカーを揃えること。お互いの相性が合うように作られているので、より落としやすくなりますよ。

ウォータープルーフコスメを無理に落としたり、適当に落としたりしていると、近い将来後悔することに...。くすみのない目元でいるためにも、ぜひ今日から正しいクレンジング方法を実践してくださいね!

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事