【泉里香の簡単ヘアアレンジ】梅雨のばさばさ&ペタンコヘア対策!

【泉里香の簡単ヘアアレンジ】梅雨のばさばさ&ペタンコヘア対策!

夏の一歩手前の今の時期は、湿気で髪がうねったりペタンとしたり、毎朝スタイリングに手こずることが多くなりがち。そこで、この時期特有の髪悩みをカバーできる簡単アレンジをご紹介。手間も時間もかけずに髪をかわいく決めて、梅雨を爽やかに乗り切ろう!

モデル泉里香の“簡単”ヘアアレンジ♡

今、もっとも人気のある“モグラ”泉里香の簡単なのにすぐにいい女になれるヘアアレンジを見せちゃいます!! 

◆POINT◆クセも広がりもアレンジで一発解決

髪がうねるのは、キューティクルが乱れている部分から水分が髪内部に入りこみ、髪が膨張するせい。だから空気中に水分=湿気が多いこの時期は、髪がまとまりにくくなるんです。

そんな時、味方になるのがアレンジ。左右対称にきれいにスタイリングしようとするより、髪を結んでうねりを隠すとか、クセをいかしてランダムに巻くほうが、時間も手間もかからずかわいく仕上げられるんです。不器用さんでもすぐにできるテクを揃えたので、ぜひトライして!

ペッタリ解消かつ時短!【ふわっとワンサイド】

毛先は広がるのに、トップはペタンとボリュームレス。そんな場合は、分け目を変えてトップをふんわり見せつつ、ワンサイドに髪を集めて毛先の広がりをうまく利用する、片寄せスタイルが効果的!

HOW TO ARRANGE

【1】左サイドから衿足まで生え際の髪をねじっていき、うなじにピンでしっかり固定。表面の髪をとめておくとやりやすい。

【2】ねじった時、レイヤーのせいで落ちてきてしまう髪は、でねじりどめしたところにUピンでとめてすっきり見せて。

結ぶ位置が広がり解決のカギ【色っぽサイドシニョン】

髪が爆発しちゃった日は、すっきりまとまるシニョンが活躍。前から見える位置でシニョンをつくることで、タイトになりすぎずほどよいゆるさが生まれ、小顔対策も◎。前髪を上げるため、前髪のクセにも対応可能。

HOW TO ARRANGE

【1】前髪はラフにかき上げ、ほかの髪はざっくりと集めて左耳の後ろで結び、三つ編みにして毛先をゴムで結ぶ。

【2】三つ編みにした毛束をクルクルと丸めて、ピンでしっかりとめる。仕上げにところどころ髪を引き出してゆるさをON。

とことんラクにうねりを利用【ゆるっとひとつ結び】

休日くらい髪に時間をかけずにゆっくりしたい。とはいえ、うねったままでいるのも微妙……。そんな時は超簡単なひとつ結びを。うねりがちょうどいいニュアンスになり、おうちでのリラックスタイムにぴったり。

HOW TO ARRANGE

【1】うねりが弱かったりバラつきが目立つ時だけ巻きを足す。きれいに巻く必要はないので、巻く方向をMIXしてラフに。

【2】顔まわりの髪を少しだけ残して耳の高さでひとつに結んだら、トップの髪を少しずつ引き出して自然な高さを出す。

【3】束ねた髪から毛束を1本とってねじり、少し髪を引き出して崩してから結び目に巻きつけて、毛先をピンでとめる。

すべての悩みに対応!【波巻きハーフアップ】

休日のおでかけは、いつもより髪に時間をかけて波巻きに挑戦。メリハリのあるウエーブが強めのクセまでカバーしてくれ、“手をかけてる” 風に。さらにハーフアップですっきりさせれば、清潔感もUP。

HOW TO ARRANGE

【1】波巻きは、より強くカールがつくストレートアイロンで。根元から、内→外→内と交互に方向を変えて挟んでいく。

【2】両サイドの髪をたっぷり残したまま、耳より上の髪をひとつにまとめて結びハーフアップに。結ぶ位置は耳の高さで。

【3】残しておいたサイドの髪を2束に分け、毛先までツイスト。その毛束を左右それぞれ逆側へもっていき耳の後ろに固定。

教えてくれたのは

金子真由美さん
人気ヘアサロンBOTTOMS所属。インスタグラム(@kanekomayumi12)で発信される、大人のヌケとおしゃれ感を兼ね備えたアレンジが好評

撮影/内藤啓介(KiKi inc.) ヘア/金子真由美(BOTTOMS) メイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリング/河野素子 モデル/泉里香 取材・文/宮下弘江 構成/鏡裕子


VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連キーワード

関連記事