老けの元!猫背を撃退するハンガーエクササイズのやり方について

老けの元!猫背を撃退するハンガーエクササイズのやり方について

猫背は背骨が曲がるだけでなく、お腹がぽっこり出やすくなったり、ほおの筋肉が垂れてしまったりと老化を促進する原因になりやすいと言われています。猫背を解消するにはどの家庭にもあるハンガーを使った超・簡単エクササイズがおすすめですよ!

猫背は何故老けの原因になりやすいの?

重力の影響により私たちは年齢を重ねる毎に筋力が落ちていき、そのままにしていると最終的には背中が丸くなり、いわゆる猫背といわれる状態になってしまうことが考えられます。最近では、洋式トイレやスマートフォンの普及により20〜30代の女性も猫背の方が増えてきていると言われています。

猫背になり、前かがみの姿勢が長期間続くと腰が立ちにくくなりお腹も出てきやすいです。さらには、口元から鎖骨まで繋がっている広頚筋と呼ばれる筋肉が弱まってしまうため、頰の筋肉がたるみ、首のシワが増え、何もかも垂れ下がってしまう可能性があると言われています。それにより、全体的に老けた印象を与えやすくなってしまうのです。骨は一度固まってしまうと元の状態に戻すのは非常に大変ですので、正しい立ち方・歩き方を習慣化していきましょう。

おすすめの猫背対策は、日常的に取り入れていただきたいハンガーを使ったエクササイズです!そのまま体を動かすよりもハンガーを取り入れることで、より体のバランス感覚を鍛えやすいという嬉しいメリットがあります。

猫背を撃退!ハンガーエクササイズのやり方について

猫背を改善するには、ハンガーエクササイズを実践し、肩甲骨をしっかり鍛えることが大切でしょう。普段なかなか動かさない部分なので、最初は痛みを感じる場合もありますが、継続的に動かすことでどんどん動くようになると言われています。毎日3セットを目安に実践しましょう。

1.背筋をピンと伸ばした状態で立ちましょう。足は閉じ、ハンガーを持った両手を頭の真上に持ち上げます。
2.腕を曲げないよう注意しながら上体を前へ倒し、肩の位置で腕を止めてそのまま10秒間キープします。
3.1の姿勢に戻り、ハンガーを持ったまま右横→左横→上(真ん中)と交互に動かしましょう。
4.1〜3の動きを3回繰り返します。
5.ハンガーを頭の真上に持っていき、ぐるっと左側に回転させます。後ろに回す時は鼻から息を吸い、前に戻る時に口から息を吐きます。
6.5と同様に鼻→口で呼吸をしながら、右側もぐるっとハンガーを回転させましょう。


ハンガーエクササイズは、TVを見ながら自宅で気軽に行える点も魅力の一つです。美と健康を維持するためにも是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事