【今注目の美女・森星に迫る!】「憧れはジゼル・ブンチェン」なんです

【今注目の美女・森星に迫る!】「憧れはジゼル・ブンチェン」なんです

誰もが認める絶世の美女であり、その美しいボディには男性のみならず女性までもが釘づけ―。今、最もHOTな女性、森星さんがVOCEのカバーに初登場!!! 欲しいものすべてを備えているように見える彼女だけど、ひとりの“25歳女子”として葛藤することは多いのだとか。その胸の内をVOCEが完全独占取材!!!

目標は“森星”というカラーをつくること。25歳は、オトナの0歳だと思うから

天真爛漫。ハッピーオーラ満載。いつも笑顔のムードメーカー。スタッフの皆が声を揃えて言うように、森星さんは常に可愛らしさに溢れる女性だ。でも本人はこの1年、迷いに迷っていたという――。

「周りの人たちが求める“森星”は可愛さだったりするんですけど、本音を言うとちょっぴり苦手分野(笑)。それでも私は末っ子というのもあり、甘えん坊ゆえの“可愛い”がずっと通用するのかも?なんて思っていたのですが、甘かった(笑)。そんな可愛さだけじゃダメになる日は必ず来ちゃうんですよね」
そのきっかけのひとつに、ANESSAのCM撮影があったそう。「初めて自分ひとりだけにフォーカスしていただいたCMなのに、撮影の10日前に行われたフィッティングで、どの水着にも自分のボディが“似合わない”と思ったんです。正直、愕然としました。ああ、今のままじゃダメなんだって。自分で自分を叱らないと。自分で気づいて変わっていくしかないんですよね」

25歳の誕生日は大好きなNYで迎えた森星さん。「そこで、以前からカッコいいと思っていたモデルさんと会う機会があり、今私が目指しているのは“自信を持って自分の強さを見せること”だと改めて認識しました。今はそうするのが断然心地いい! でも決して可愛さを消したいわけじゃなく、強さを立たせることで自然と出てくる笑顔や“柔らかさ”は大切にしたい。25歳という年齢は“モデル”という職業にとっては将来を模索する難しい時期。だからこそ私にしかできない"森星スタイル"と胸を張れる女性像を確立したいって、そう思います!」

憧れは、ジゼル・ブンチェン。カラダがすべての源です。

「ほかの人にはない自分の強みって何かなって考えて、辿り着いた答えが“カラダ”でした」と星さん。外見だけでなく、メンタルも含めて全部。「今までひたすら“ラク”に流れていた私なのに、クロスフィットで達成感を味わったらハマっちゃって、今は週4~5日というハイペース(笑)。ウエイトやストレッチをやりながら、カウンセリングでメンタルも整えています。自分の変化がすごくて楽しい!!」

今のまま止まりたくないから、自分から提案して、変化したい!

「メイクやファッションで自分の“ムード”ってすごく変わりますよね。今まではヘアメイクさんやスタイリストさんがつくってくれる“森星像”に乗っかっていたけど、最近はたくさん話し合うように」と星さん。でもそれは「コレはイヤだという“ワガママ”じゃないんです」と続ける。「自分のスタイルを構築するには意志をハッキリと伝えないと。私を指名してくださる媒体に順応しつつも、私がこだわる“森星像”がケミストリーを生むといいなって思います」

内側からもキレイを目指す。できるだけ自然に、ストレスなく。

カラダづくりを意識し始めてからはインナービューティにも真剣に取り組む星さん。「トレーナーさんに教えてもらった亜麻仁油+ヘンププロテインという組み合わせはナッツみたいなフレーバーになって美味しい。タンパク質は大事だから積極的に摂っています。あと、最近、南部鉄瓶を買ったんです! それでお湯を沸かして白湯で飲むと、ナチュラルに鉄分が摂れる。ストレスにならない範囲でやるのが星流です♡」

撮影/彦坂栄治(まきうらオフィス) へアメイク/美舟(SIGNO) スタイリング/管沼詩乃(辻事務所) 取材・文/前田美保 

関連キーワード

関連記事