凹んだお腹を形状記憶!食後に20秒息を吐くだけの簡単エクササイズ♡

凹んだお腹を形状記憶!食後に20秒息を吐くだけの簡単エクササイズ♡

こんにちは! モデルボディメイクトレーナーの佐久間健一です。 数ある体型悩みのなかでも、とくに多くの女性が気にしている"ぽっこりお腹&quo...

こんにちは! モデルボディメイクトレーナーの佐久間健一です。
数ある体型悩みのなかでも、とくに多くの女性が気にしている"ぽっこりお腹"。そこで今回は、「お腹が出てるから、水着なんて絶対着られない...」と思っている女性にこそ試してもらいたい、超簡単お腹凹ませエクササイズをご紹介します!

その"ぽっこりお腹"は脂肪じゃない!?

お腹がぽっこりと出てしまう原因を、"体脂肪"によるものだと思っていませんか? もちろん体脂肪も原因のひとつではありますが、じつはそれ以外にも、"形状記憶"という可能性が考えられます。筋肉には、今の形を保とうとする特徴があるため、"ぽっこりと出たお腹"が筋肉に形状記憶され、食後だけでなく日常的にお腹が出ている体型になってしまうんです。
これを解消するためには、食後すぐに凹んだお腹を形状記憶させることが重要! それではさっそく、凹んだお腹を筋肉に記憶させる簡単エクササイズにチャレンジしましょう。

凹んだお腹を形状記憶させる息吐きエクサ

1. 仰向けになり、両膝を立て、手はお腹に置きます。

2. 胸を張り、20~40秒間息を吐き続けます。

このエクササイズのポイントは、食後すぐに行うこと! 食後すぐに息を吐いてお腹を凹ませることで、凹んだ状態が筋肉に形状記憶され、ぽっこりお腹の解消に繋がります。水着のシーズンまであと1ヵ月、凹んだお腹を目指してぜひチャレンジしてくださいね!

photo:shutterstock(1枚目)
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事