【THREE、POLA、コスメデコルテ】美容界をざわつかせた名作ヒストリー

【THREE、POLA、コスメデコルテ】美容界をざわつかせた名作ヒストリー

VOCEのベストコスメは世の化粧品の流れを作ってきた。そのヒストリーを紐解きました。2010年からオイルブームが到来! 美白の大型新製品やリポソームの美容液など、コスメ通をうならせる名品が続々登場。VOCEのベストコスメも審査員を拡大し、さらに進化!!

2010年頃 オイルブーム

◆2011年下半期

高額コスメの鉄壁をプチプラが破る

花王 ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー
クレンジング部門にプチプラとして入賞を果たしたのはビオレが史上初。洗顔後のほうが潤いを実感できる質の高さに多数の審査員が太鼓判を押した。受賞を機に話題沸騰し、発売後半年間は、0.5秒に1個という驚異的なペースで売れ続けた。

◆2013年上半期

THREE旋風が吹き荒れる!

THREE バランシング クレンジング オイル
クレンジングと洗顔の両部門で1位を獲得したTHREE。このW受賞をきっかけに認知度が高まり、人気ブランドとしての地位を確立した。クレンジングは、今もブランド一の売り上げを維持。

2013年頃 エフォートレスメイクブーム

◆2014年上半期

メイクの主役はリップの時代へ!

キッカ メスメリック リップスティック
人の美しさを最大限に引き出す色を研究した結果、辿り着いた2/5発色のリップ。受賞カラーの06は、ベスコス号発売後、指名買いの客が殺到した。その余韻は長く、高いリピート率を誇り、3年経った今でも人気ダントツNo.1。

◆2015年上半期

新理論をひっさげた美白の大型新人

ポーラ ホワイトショット CX
「肌自らが“白くなろうとする力”が確実に目覚めていく」「薄汚れたようになっていた濃いシミが目立たなく!」といった審査員の熱烈なラブコールが読者を動かした。店頭には「VOCEでベスコスを受賞したホワイトショットをください」という目的買いの人が押し寄せた。

◆2015年下半期

化粧水の領域を超えた実力派

コスメデコルテ リポソーム トリートメント リキッド
業界唯一の多重リポソーム化粧水が持つ、塗った瞬間に活力が溢れ、使うほどに肌が生まれ替わるような使用感に誰もがベタ惚れ。審査員のほとんどが満点をつけ、1位の座を獲得。受賞翌月、新規客が2倍に増加した。

◆2016年下半期

ドラマティックな赤に世界中が熱狂

シャネル レ キャトル オンブル
手を出しにくかった赤をぐっと身近な存在にしたのが受賞色の268。温かみのある奥深い赤は誰にでも似合い、新しい自分と出会える色として、満場一致でグランプリに。受賞後、半年間は、入荷するたびすぐ売り切れ状態に。

《VOCEベストコスメの歴史はこちらでも紹介しています!》
■【創刊号は松田聖子が表紙!!】'98~'04第一次美白ブームにコンサバモテメイク、盛りマスカラブーム
■【HAKUという美白史に残る傑作デビュー】’05~’10韓国コスメ、シートマスク、オーガニックコスメブーム

≪2017上半期ベストコスメをチェック!≫

http://i-voce.jp/cosme/bestcosme/2017ss.html

取材・文/金子優子

関連キーワード

関連記事