起床してすぐのカサカサ砂漠肌を蘇らせる?美容液マッサージ洗顔!

起床してすぐのカサカサ砂漠肌を蘇らせる?美容液マッサージ洗顔!

寝る前にしっかり保湿ケアを行っていたにもかかわらず、朝起きるとまるで砂漠の様なカサカサ乾燥肌に…。朝から急いでいるのに化粧水がなかなか浸透しない!といった経験はありませんか? そんな時におすすめなのが美容液を活用したマッサージ洗顔法です。

美容液マッサージ洗顔のやり方

起床してすぐのカサカサとした乾燥肌に最適な美容液マッサージ洗顔についてご紹介します。毎日実践することで肌質改善も期待できますので是非参考にしてみてくださいね。

<美容液マッサージ洗顔のやり方>
美容液を手のひらでしっかり温めてから顔の上で約1分間、クルクルと円を描くようにマッサージを行うだけです。その後、ぬるま湯で優しく洗い流せば表面の汚れは綺麗に落ち、しっとりとした滑らかなお肌に近づくはず! 洗顔フォームではなく、あえて美容液を使用することで顔に必要な油分を取り過ぎず、乾燥を防ぐ効果があると言われています。

【POINT】
注意点としては、クリーム状など重めのテクスチャーの美容液の使用は控えるようにしましょう。洗顔をする際に使ってしまうと伸びが悪いため、余計な摩擦で肌へ負担をかけてしまう可能性があると言われているからです。マッサージ洗顔として美容液を使用する際は、さらっとした軽いテクスチャーの美容液を選ぶことをおすすめします。

美容液マッサージ洗顔後のアフターケアについて

美容液マッサージ洗顔後は、普段通り化粧水→乳液と順番にスキンケアを行ってOKですが、極度の乾燥肌さんの場合「これだけではまだまだ不安」という声も多いかと思います。そんな悲鳴を上げているトラブル肌に最適なのが「Wコットンパック」です。

<Wコットンパックのやり方>
1.美容液マッサージ洗顔後、精製水をコットンにたっぷり染み込ませ、おでこ・頰・鼻の頭など乾燥の気になる部分に貼り付けます。
2.3分経過したらコットンをはがし、手持ちの化粧水をたっぷり染み込ませてもう一度、1と同じように3分間2回目のコットンパックを行います。

【POINT】
コットンは2枚に割いて使うと化粧水もより染み込みやすくなるほか、経済的にも優しいのでおすすめです。とても簡単な方法ですが、1回目のパック時に精製水を使用することで、その後の化粧水の浸透率が格段にUPすると言われています。


美活とは、ちょっとしたアイデア・工夫次第で時間もお金もかけずに明日への美しさに繋げやすいものです。「洗顔は洗顔フォームでなければいけない!」と思い込んでいたあなたは、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事