婦人科医に聞く!女性ホルモンの減少で訪れる「更年期障害」の基礎知識

婦人科医に聞く!女性ホルモンの減少で訪れる「更年期障害」の基礎知識

40代になると、女性はほてりやのぼせ、倦怠感などを伴う「更年期障害」。更年期障害と女性ホルモンとのかかわり、若い人がなることもある早発閉経について、アヴェニューウィメンズクリニックの婦人科医・福山千代子先生に教えていただきました。
教えてドクター! 女性ホルモンが体と心に及ぼす影響 福山千代子先生

ほてりやのぼせ以外にも? 更年期障害と女性ホルモンの関連性

加齢とともに女性ホルモンの量は自然と少なくなっていき、更年期を迎えます。そのときに生じる「更年期障害」によって、ほてりやのぼせ、倦怠感などで辛いとよく耳にし、漠然とした不安を抱えている女性も多いもの。具体的にはどのような症状があるのでしょうか?

「更年期というと、まるで悪い病名のような響きを伴いますが、そもそも『更年期』とは、生理がなくなる『閉経』を境にした前後5年を指すもの。たとえば『思春期』とか『小児期』とかと同様に、人生のある一定の期間を指す言葉です。ただ、その時期には個人差があり、仮に45歳で閉経した場合、40~50歳までの10年間が更年期にあたります。

妊娠・出産の適齢期を過ぎ、40代ごろから卵巣機能が低下することに伴い、女性ホルモンのうち、卵胞ホルモン(エストロゲン)が急激に減少していきます。それにより、ホルモンのバランスが崩れるとともに、自律神経も乱れて、さまざまな不調が生じます。人によって、どの症状が強く出るかは異なるのですが、ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ、イライラ、倦怠感、肩こり、頻尿や尿漏れ、膣のかゆみ、性交痛などが代表的です」(福山先生)

更年期が訪れる年齢に個人差がある理由って?

年齢とともに卵胞ホルモンが減少し、更年期に入っていくのは自然な流れ。でも、なぜ更年期が訪れるのには、年齢差があるのでしょうか?

「卵巣内にある卵子の数は、生まれたときに決まっていて、卵子が少ないと閉経が早く来ると言われています。卵子の数を増やすことは基本的にはできません。とても不規則な生活や強いストレスを感じる生活、急激な体重の減少があると、卵子の数を減らす原因になります。また、抗がん剤治療をされた方や、病気によって卵巣に放射線を当てた経験をお持ちの方も、卵子の数が減る場合があります」(福山先生)

若いのに更年期障害の症状が出た場合はどうすれば?

近年、20~30代と早い段階で、更年期障害に近い症状が出る「若年性更年期」という呼び名を耳にすることがあります。これはどんなものなのでしょうか?

「本来『若年性更年期』というものはない、と私は考えています。20~30代と若くして女性ホルモンが減り、卵巣の機能が止まって、閉経状態になっているのであれば、それは『早発閉経』や『早発性卵巣障害』と呼ばれる病気です。たまに『生理は来ているけれど、ホットフラッシュや落ち込みがあるので、若年性更年期に違いない』と思って来院される方がいますが、それは更年期障害ではなく、別の何かです。自律神経のトラブルの可能性はありますが、卵巣ホルモンの減少が関与していることはほとんどありませんね」

福山先生は「最後の生理から1年間、生理が来なかったときに初めて『閉経した』と言えるので、後付けのようなもの。そのくらいあいまいなものなんです」と言います。更年期が訪れることを恐れるのではなく、自然に来るものだと受け入れて、心身のバランスを整えて暮らしていきたいですね!
■監修
福山 千代子 先生
アヴェニューウィメンズクリニック
院長/産婦人科医

関連記事