化粧水は手よりコットンで!? コットンを正しく使って潤い肌に!

化粧水は手よりコットンで!? コットンを正しく使って潤い肌に!

化粧水をつけるとき、手のひらでつけるかコットンを使うかで迷ってしまいがち。せっかくいい化粧水を使うなら、より美容成分が肌の角質層に届いて潤いに満ちた肌になりたいですよね。そこでコットンを使って美肌に近づくコツをご紹介していきます。

化粧水をつけるときは手を使う?コットンを使う?

化粧水のつけ方は、手を使うかコットンを使うかで意見が半々に分かれます。化粧水を手でつけると、費用がかからず手のひらの体温で美容成分を角質層の奥までしっかり届きやすいというメリットがあります。ですが、手のひらに汚れや雑菌がついていると肌トラブルの原因になったり、小鼻の脇やあご、目元などの細かいパーツにムラが出てしまう場合も…。

一方で、コットンを使って化粧水をつけると、均等にムラなく塗ることができて、体温が伝わらないため毛穴がきゅっと引き締まるとも言われています。化粧水を手でつけるよりもコットンを使った方が肌の潤いが持続するとも言われているため、均等に潤いに満ちた肌になりたい時はコットンを使うことをおすすめします。

コットンで化粧水をつけるときは、正しい使い方を身につけて

コットンはムラなく均等に化粧水をつけることができたり、コットンにたっぷり化粧水を含ませるとパックになったり…といいこと尽くしですが、コットンの使い方を間違えると、デリケートな肌に摩擦や刺激が加わり傷ついてしまう可能性があるため注意が必要です。より美肌に近づくためにも、コットンを正しく使ってスキンケアをしていきましょう!

まずコットンの選び方ですが、大量に入って安価なものや、繊維が荒くてすぐ毛羽立ちやすいものは避けた方がいいでしょう。肌は薄くてデリケートなので、繊維が細かくてシルクのような柔らかい肌触り、そして毛羽立ちにくいコットンを選ぶことをおすすめします。

コットンに化粧水をたっぷり含ませたら、力を入れずに擦らず、優しくタッチするイメージで馴染ませていきましょう。よくコットンでパッティングをするといい!と聞きますが、パッティングは毛細血管が切れて赤ら顔の原因になってしまう可能性もあるので控えてくださいね。

中指と薬指にコットンを挟み、頬や額などの広範囲の部分からつけていき、口元や小鼻、目元にも優しく馴染ませます。コットンは横にスライドして馴染ませるより、縦にスライドさせながら化粧水をつけていくとコットンの乾いた部分が肌に当たりにくくなりますよ。コットンが乾いたなと思ったら、こまめに化粧水を追加してくださいね!

コットンの選び方と正しい使い方で潤い肌をゲット

コットンには魅力がいっぱいですが、選び方や使い方を一歩間違えると肌に負担をかけてしまいます。ふわっと柔らかいシルクのようなコットンを選び、優しく正しい使い方を心がけて、いつもの化粧水をより効果的にお肌に届けてあげましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事