【脱いでみたものの……】トップレス解放区で私がとった行動は・・・。

【脱いでみたものの……】トップレス解放区で私がとった行動は・・・。

小さい頃には家族と行き、思春期にはデートへ。そして、大人になった今は旅行や趣味で……。なんとなく海には爽やかなイメージがあるけれど、実際のところ、珍しい人もいれば、不可解な行動をしている人も。1000人が灼熱のビーチで遭遇した「海体験記」、とくとご堪能あれ。

【世界の浜辺から】

・まな板に干しぶどう
イタリアの離島で訪れたビーチが、トップレス解放区だった。その雰囲気にのまれ、脱いでみたが、イタリアンガールと同じ人間とは思えないほど、貧しい乳が痛々しく、すぐに封印した。(30歳・コンビニ店員)

・お縄
常夏ハワイのビーチへ! 人生初の経験に浮かれて、ビールをガブ飲みしていたら、連行されそうになった。公の場で飲酒が禁止だなんてしらなかった。(27歳・会社員)

・熱いハグ
タイの海でパラセイリングを経験。パラシュートで空中遊泳を楽しんだ後、着地の時、下を見ると、男性スタッフが浜辺で両手を広げている。人がキャッチするという方法のよう。仕方なく抱きついたが、ヌルヌル汗のおデブちゃんの印象で、大空で舞った心地よさが一瞬で消えた。(35歳・教師)

・日本語のできるサム君
バリで出会った男の子は、ショッピングセンターを案内してくれるなど、親切にしてくれた。帰国前日、「お礼に食事をご馳走させて」というと「食事なんて」と遠慮しているのかと思ったら、胸元から日本製の家電製品が書かれたメモを出し、「送って下さい」と。チャッカリ者!(39歳・主婦)

・14$払って地獄を見る
ビーチ脇のネイル店へ。仕上がったネイルは、ムラムラの凸凹だらけ。その状態で「SOビューティフル」って、おい。(30歳・教員)

・罠?
ダイビングを申し込んだが、開始まで時間があり、その店にあったビールを買って飲んで待機していた。がしかし、その直後、「ビールを飲んだ人は潜れません」と。受付とビール販売は同一人物! 飲む前に言ってくれよ~。(30歳・福祉関係)

文/金子優子 協力/千田好美、岡崎邦子(マーケティングジャンクション) 構成/与儀昇平

関連キーワード

関連記事