【若返り注射】ボトックスはシワ改善だけではない?意外な利用方法

【若返り注射】ボトックスはシワ改善だけではない?意外な利用方法

整形外科や美容クリニックで人気の若返り注射「ボトックス」。しわやたるみを解消することで有名なボトックスですが、実はエイジングケア以外にも意外な使用方法があると言われているのです。一体どのような効果に期待できるのでしょうか?

人気の若返り注射「ボトックス注射」とは?

美容医療の中でも特に高い人気を誇ると言われているボトックス注射!一体どのようなメカニズムでエイジングケアをサポートしているのか具体的にチェックしていきたいと思います。

【ボトックス注射とは?】
A型ボツリヌス毒素という成分を表情筋部分に注射し、筋肉の収縮を抑えることで老化によるシワやたるみを改善する治療のことを言います。注意点としては、ボトックス注射は一時的に目立たなくさせても完全に消し去ることはできないと言われていますので、常に美しい肌質をキープしていくには、ヒアルロン酸注射などと合わせて定期的に複合治療を行う必要性があるそうです。

<POINT>体調次第(妊娠中や授乳中など)でボトックス注射ができないケースもあるそうです。もし治療を受ける場合は、事前に担当の医師によく相談をして下さい。

ボトックス注射の意外な利用方法について

ボトックス注射は気になる多汗症をはじめ、笑った時に大きく覗く歯茎(ガミースマイル)の調整にも使用されているそうです。

【多汗症の場合】脇の下に注入することでエクリン汗腺から放出する汗の量を抑え、わきがの予防・改善効果にも期待できます。施術直後ではなく、大体一週間後から効果が出始めるそう。ただし、多汗症治療の場合も表情ジワの治療の時と同じく定期的(半年に一回が目安)に治療を行う必要性があると言われています。

【ガミースマイルの場合】
鼻と唇の境目にある上唇挙筋群にボトックスを注射し、筋肉を和らげることで歯茎を目立たない状態にする治療法と言われています。痛みや腫れなどのダウンタイムも少なく、副作用などもほとんどないそうですが、手術を受けた2日後までは首から下のシャワーのみに控えるようにしましょう。


自分自身の見た目や体臭トラブルに関する悩みを解消することで自然と自信がもてるようになるものです。ご興味がある女性は、ボトックス治療の施術なども一つ参考にしていただけたらと思います。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事