【コスパ抜群】身も心もさっぱり!アロマ入り汗拭きシートの作り方

【コスパ抜群】身も心もさっぱり!アロマ入り汗拭きシートの作り方

夏の消耗品、汗拭きシート。毎日たくさん使える便利なアイテムだからこそ、意外にお金もかかってしまうものですよね。そんな時におすすめなのが自宅で低コストに作れる「アロマ入り汗拭きシート」です。お肌の弱い敏感肌の女性にも最適でしょう!

アロマ入り汗拭きシートの作り方

夏場に乾いたタオルやハンカチを使って汗を拭き取ってはいませんか?乾いた布で拭くことで汗の水分自体は吸収することはできますが、臭いやべたつきまでは除去することができず、結果雑菌が増殖し、体臭が悪化する原因になりやすいと言われています。体臭対策を兼ねて汗拭きシートなど水分をもともと含む素材のものを活用していくことをおすすめします。

<アロマ入り汗拭きシートの作り方>
【材料】
・コットンシート
・精油(レモングラス)
・精製水
・無水エタノール

【作り方】
1.無水エタノール(3ml)にレモングラスの精油を20〜25滴加えます。
2.1に精製水(100ml)加え、更によく混ぜ合わせます。
3.2へコットンを浸し1枚ずつラップに包んで冷蔵庫の中で冷やし完成です。

【POINT】こちらのレシピでは殺菌・消臭効果のあるレモングラスを使用していますが、気分的にさっぱりしたい場合はスイートオレンジなど柑橘系のアロマオイルをブレンドするのもおすすめです。

夏場実践したい!基本的な汗対策について

汗拭きシートの作り方と合わせて、基本的な汗対策をチェックしていきましょう。汗の量・べたつきなどに悩まされている女性も、まずはこの基本的な対策を取り入れることで不快感を和らげることができるでしょう。

1.【汗はすぐに拭き取ること】
汗は放っておくほど細菌により分解されるため、きつい臭いの元になりやすいと言われています。洗い流せる場合は部分的にでも洗い流し、難しい場合は汗拭きシートなどのアイテムを有効活用していきましょう。

2.【ゆったりした形の服を着用】
ぴたっと密着するタイプの服は風が通らず、汗を更にかきやすくなります。夏場は襟周りが広く、ふんわりとしたゆとりのある形の服がおすすめです。

3.【ベビーパウダーを活用】
ベビーパウダーには、汗を抑える成分や抗菌成分が含まれているそう。コーンスターチを主原料としているため肌が弱い女性も安心してたっぷり使用することができると言われています。


いかがでしたか?低コストで作れる手作り汗拭きシートで厳しい夏の季節を賢く乗り越えちゃいましょう!

関連記事