あなたのシミの種類はどれ?特徴やおすすめのセルフケア方法について

あなたのシミの種類はどれ?特徴やおすすめのセルフケア方法について

シミが気になり始めると、まず美白化粧品でケアする人が多いようですが、どんなシミにも美白化粧品が効くわけではないと言われています。効率良くシミを予防・改善していくためにも、あなた自身のシミの種類についてしっかり把握していきましょう!

あなたのシミの種類はどれ?特徴について

シミにはどのような種類があるか見ていきましょう。具体的には、6種類あると言われています。

1.老人性色素斑:日本人に最も多く見られるシミの種類と言われています。紫外線によるダメージが原因で、直径数ミリ〜数センチの丸いシミが頬骨の高い部分からでき始めるそうです。
【おすすめのケア方法】美白化粧品・ピーリング

2.そばかす(雀卵斑):10代の頃から出来始めるシミで、原因は遺伝によるものと言われています。鼻周りを中心にポツポツと(形は三角や四角)した小さなシミができます。
【おすすめのケア方法】レーザー治療

3.炎症性色素沈着:ニキビや虫刺されなど肌に炎症が起こった後、傷跡(色味は茶色)がシミとして残ったものを言います。時間が経つにつれて治る場合もありますが、綺麗に消えるまでには2〜3年以上かかるそうです。
【おすすめのケア方法】美白化粧品・ピーリング

4.脂漏性角化症:老人性色素斑が盛り上がり、イボのようになったシミのことを言います。表面部分がボツボツしている特徴などもあるようです。
【おすすめのケア方法】レーザー治療・凍結療法

5.肝斑:左右のほほ骨の上部分にできやすい茶色や灰色のシミです。小さな点状ではなく広範囲に広がることを特徴とし、原因はホルモンバランスの乱れと言われています。
【おすすめのケア方法】トラネキサム酸の服用・美白化粧品

6.花弁状色素斑:日焼けした後、肩から背中にかけて出来るシミで、小さな花びらのような形をしていることから「花弁状色素斑」と言われています。人によっては日焼け直後ではなく、数年後に現れ始めるケースもあるそうです。
【おすすめのケア方法】レーザー治療

上記のように、シミの種類によっては美白化粧品ではあまり効かない場合があるもの、逆に医療機関でのレーザー治療が不向きなものなど様々あると言われています。もしご自身で判断できない場合は、皮膚科にて症状・種類を診てもらった上で本格的なケアをスタートすることをおすすめします。

【シミ対策】意外と間違っている?美白化粧品の使い方

あなたは普段どのように美白化粧品を使用していますか?間違った方法でケアを行っているとシミを悪化させる原因にもつながりやすいと言われています。この機会に正しい使い方をマスターしていきましょう。

【NGな使い方1.シミの部分にすり込む】高い効果を期待するべく、シミ部分にすり込むように美白化粧品を塗っている女性も多いのではないでしょうか?美白化粧品には刺激性のあるものが多いそうなので、使用する際は肌にそっとのせるように使いましょう。

【NGな使い方2.シミの部分だけに塗る】美白化粧品は主にシミ予防のために作られているものですので、シミの部分だけに塗っても(特に老人性色素斑の場合)シミそのものを消すことは難しいと言われています。使用する際は、顔全体的に塗るようにし、お薬ではなく「シミの進行を止める・防ぐアイテム」として捉えるようにしましょう。


いかがでしたか?美白化粧品を使用しながらシミ対策を実践する場合、なるべく早い段階から年間を通して使うことが大切でしょう。是非普段のスキンケア方法の一環として参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事