なぜ腸は第二の脳と呼ばれるの?幸せホルモンを腸活で増やす方法

なぜ腸は第二の脳と呼ばれるの?幸せホルモンを腸活で増やす方法

緊張したり、精神的なストレスを感じることでお腹が痛くなった経験はありませんか?腸が不健康になることでなぜ不思議と心身ともにバランスを崩してしまうかと言うと、実は腸から脳と同じ「あるホルモン物質」が分泌されていることが原因になんだそうです!

腸が第二の脳と呼ばれる理由って?

なぜ腸は第二の脳と呼ばれるのでしょうか?その具体的な理由について迫っていきたいと思います。

腸は他の臓器(心臓・肝臓etc...)と違って脳からの信号を待つことなく消化を行うなど私たちの行動・習慣を常時コントロールしているそうです。このように腸が実践すべき行動を脳の信号なしで自主的に判断することができるのは、腸そのものに約1億個の脳細胞が存在しているからだと言われています。

また、驚くべきことに脳内神経伝達物質として有名な幸せホルモンの一種「セロトニン」は、約90パーセント以上腸内細菌が産生しているんだとか!セロトニンは不足してしまうと鬱病の発症率を高める原因にもなるそうですので心身の健康を維持するためには、腸の健康状態をサポートする生活習慣を見直すことが大切だと言われています。

【POINT〜セロトニンの意外な効果〜】
文中にも登場した幸せホルモン「セロトニン」の働きとしてあまり知られていないと言われているのが顔や目の周りにある抗重力筋という筋肉を強化させる働きです。セロトニンにより抗重力筋の力をパワーアップさせることでしわやたるみを軽減するなど、嬉しいアンチエイジング効果に期待できるそうです。

幸せホルモンを効率良く増やすおすすめの腸活方法!

続いて健康的な腸に整え、幸せホルモンを効率よく増やす腸活方法についてレクチャーしていきたいと思います。腸活は長期間継続的に行うことで結果が現れていくそうですので、生活の一部として習慣化させていくよう心がけましょう。

1.【太陽の光を浴びる】実際に太陽の光を浴びる方が良いのですが、瞑想をするなどイメージを行うだけでもセロトニンが増えやすいと言われています。

2.【よく噛んで食べる】よく噛むことで消化活動の改善をサポートするほか、副交感神経が活性化するため、セロトニンの分泌も増えるそうです。

3.【呼吸をコントロール】呼吸も消化器官と同じく自律神経を支配していると言われています。ゆっくり呼吸することでセロトニンの分泌量が増え、早く呼吸することでドーパミンが増えやすくなります。

4.【トリプトファンを含む食材】セロトニンの材料であるアミノ酸の一種「トリプトファン」が豊富に含まれている食材(大豆・米・芋など)を摂取するようにしましょう。

5.【乳酸菌を含む食材】セロトニンを生成する腸内細菌の働きをサポートするには植物性の乳酸菌(納豆、ぬか漬けなど)を摂取することが効果的であると言われています。

最近なんとなく、お肌の調子や体の調子が悪い…と感じたら腸内環境が悪くセロトニンが足りてないことが原因にあるかもしれません。是非この機会にあなたも腸活にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事