アイメイクの最強裏テクニック!インサイドラインを上手に引く方法

アイメイクの最強裏テクニック!インサイドラインを上手に引く方法

インサイドラインとは、瞼を持ち上げた時に出てくる白っぽい粘膜のこと。この部分をアイライナーで埋めることでよりくっきりとした目元に仕上げることができるそうですが、なかなか綺麗に引くことができない!と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

【アイメイクの最強裏テクニック】インサイドラインの引き方

インサイドラインはいっぺんに引こうとせずに何度かに分けて引くのがポイントです!

<インサイドラインを上手に引く方法>
1.アイメイクが落ちやすい人は最初に綿棒で粘膜部分を優しく拭い、油分をオフしておきましょう。

2.瞼をしっかり上に上げた状態で、まずは黒目の上から粘膜部分を塗りつぶしていきます。

3.黒目の上にインサイドラインを引いたら、目尻から黒目に向かって少しずつ線をつなげていきます。その際、アイライナーを縦に持つと描きやすいようです。

4.3と同じように、目頭から黒目に向かって少しずつ線をつなげていきましょう。

【POINT】
インサイドラインを引くことに慣れていない場合は、黒目〜目尻部分だけでもOK!使用するアイライナーはリキッドタイプでも構いませんができればペンシルタイプの方が滲みにくいのでおすすめです。

【アイメイクの最強裏テクニック〜番外編〜】アイラインがガタガタになる場合の対処法

朝、急いでメイクをしてしまったためアイライン(特に目のキワ部分)がガタガタになってしまった!なんて経験はありませんか?番外編として、時間がない朝も一発で綺麗な目元に仕上げやすいアイラインの引き方についてレクチャーしていきたいと思います。

1.まずはじめに、目尻に5mm程の小さな目印をつけます。(最初から目頭から一気にラインを引こうとせずに、少しずつ仕上げていきましょう。)

2.目尻から目頭まで点をつけるように小刻みに書いていきます。(もし2の部分でガタガタになってもあとで修正していくので気にせずメイクを続けてOKです!)

3.点の状態のラインを綿棒でぼかしながら一つの線になるよう繋げていきます。(アイラインが乾ききる前に素早くぼかしていきましょう。)

4.1でつけていた目印の点を綿棒で目尻の外側にすーっと伸ばしていきます。(空いている方の手で目尻を軽く引っ張りながら伸ばすのがポイントです。)

【POINT】
点を少しずつ繋げていくので、急いでいる時でもサッと手直ししやすいメイクテクニックの一つです。こちらもインサイドラインを引く時と同様、ペンシルタイプのアイラインを使用することをおすすめします。

いかがでしたか?目元はあなた自身の印象を大きく左右するパーツの一つ。是非このアイメイクにチャレンジして理想のぱっちり目元を手に入れてくださいね!

関連記事