正しく塗れてる?「リップティント」の持ちを良くする塗り方とは?

正しく塗れてる?「リップティント」の持ちを良くする塗り方とは?

色落ちしにくいということで大人気の「リップティント」。愛用しているという方も多いのではないでしょうか。しかし、色落ちしにくいはずのリップティントが、長持ちしない…と感じている方はいませんか?もしかしたら、塗り方に問題があるのかもしれません!

塗り方によって変わる?「リップティント」の特徴とは

「リップティント」は、韓国発祥のコスメアイテムで「落ちにくいリップ」として、日本でも人気が出て、定番アイテムになりつつあります。

口紅やグロスは、どうしても落ちやすいので、1日に何回も塗り直す必要がありますよね。食べたり飲んだりした時の色落ちも気になります。しかし、「リップティント」は色落ちしにくく、メイク直しの回数も少なくて済むのが魅力!

ティント(tint)とは英語で、「染める」という意味があり、リップティントは唇の角質層を染め、唇に色味をつけます。また、唇の「水分量」や「温度」などで色が変化するので、色付きが人によって異なるのが特徴的です。

そして、「落ちにくい」というのが最大の魅力。商品によっても異なりますが、半日程色付きが持続すると言われています。

色を長持ちさせたい!「リップティント」の塗り方のコツとは?

「落ちにくい」ことが最大の特徴である「リップティント」ですが、あまり色が持たない…という声もあるよう。そこで、「リップティント」の特徴を最大限引き出す、塗り方のコツをご紹介します!

◎何も塗っていない状態の唇にON
「リップティント」は、油分によって落ちやすくなることがあるので、「何もつけていない唇」に塗るのがオススメ。油分があると、色ムラができ、発色も悪くなります。リップティントには、乾燥しやすいという特徴もあるので、乾燥が気になるという場合は、リップクリームなどで保湿した後に、ティッシュで油分を抑えてから、塗るようにしましょう。

◎唇をマッサージ
「リップティント」は、唇の温度によって発色が変化します。リップティントを塗る前に、指の腹を使って、唇全体をマッサージすることで、より発色を楽しむことが出来ます。

◎定着時間が必要
「リップティント」を塗った直後は、落ちやすい状態です。唇に定着させる為に、5分程度待ちましょう。グロスを塗ったり、食べたり飲んだりするのは、定着してからにしましょう。時間を置いて軽く抑えた時に、ティッシュなどに色移りしなければOKです!

◎たっぷり塗りすぎない
唇にたっぷり塗ってしまうと、ムラができやすくなってしまいます。やや少なめに塗り、発色を確かめながら重ね付けしていくのがオススメです。

◎唇をこすり合わせない
塗った後に、上下の唇をこすりあわせてしまうと、ムラになりやすくなるので、やめましょう。

「リップティント」をうまく使いこなして、いつでもキレイな唇を手に入れましょう!

関連記事