夏でも女性の身体は冷えやすい!油断出来ない夏の「冷え」とは?

夏でも女性の身体は冷えやすい!油断出来ない夏の「冷え」とは?

気温が高くなる夏でも、身体の「冷え」を感じている女性は多いと言われています。身体の「冷え」は、女性にとっては大敵で、様々なトラブルを引き起こす原因にも。夏に身体が冷えやすい原因や症状、対策法をご紹介します。

夏でも油断禁物!夏に身体が冷えやすい理由とは?

女性の身体は、脂肪が多く、筋肉が少ない為、身体の構造上冷えやすいと言われています。脂肪が温まりにくく、一度身体が冷えてしまうと「冷え」を身体の中に溜め込んでしまう為だとか。また、筋肉量が少ないので、体温を維持しにくいため身体が冷えやすいのです。

夏は気温が高くなるので「冷え」とは無縁に感じてしまいがちですが、夏でも身体は冷えやすく、実際「夏冷え」に悩む女性も多いと言われています。

外は暑くても、室内や電車の中は冷房でギンギンに冷えていることが多く、冷たい物を食べたり飲んだりする機会も増える為、知らず知らずのうちに身体が冷えていることが多いようです。また、暑いと汗をかきますが、汗をかいたままだと、身体は急に冷えてしまいます。

夏の「冷え」は、以下のようなトラブルを引き起こすと考えられています。
■消化不良・お腹を下しやすい
■自律神経の乱れ
■肩こり・腰痛
■疲れやすい・だるい
■免疫力の低下 など

冷えを撃退!夏に起こる「冷え」から身体を守ろう!

暑い夏でも油断出来ない、身体の「冷え」。少しの工夫で、夏冷えを防ぐことが出来るので早速実践してみましょう!

◎冷たいものはなるべく飲まない
暑い夏は、どうしても冷えたものを飲みたくなってしまいますが、冷えたドリンクは身体を「内側」から冷やしてしまいます。なるべく、「常温」のものを飲むようにしましょう。

◎羽織るものを持ち歩く
夏は室内が冷えていることが多いので、寒いと感じたらストールや薄手のカーディガンを羽織るようにしましょう。

◎「お腹」「足首」「首」に注意
この3つの部位には、冷やしてはいけないツボがあると、東洋医学では言われています。腹巻や靴下、ストールなどを活用して、冷えないようにしましょう。

◎食べるものに気を付ける
白砂糖や小麦・水分の多い食べ物は、身体を冷やしやすい食べ物です。これらのものは、あまり食べないようにしましょう。また、食事の際には、温かいスープやお味噌汁をプラスし、内側から身体を温めてください。

◎湯船につかる
シャワーで済ましてしまいがちな夏ですが、湯船にしっかり浸かるようにしてください。ぬるめのお湯で、身体の芯から温めるのがオススメ。


女性の大敵とされる「冷え」は、夏にも起こりやすいので油断は禁物です。日々の工夫で、予防することが出来るので、冷え対策を意識しながら、暑い夏を乗り越えましょう!

関連記事