低温調理がアンチエイジングに良いって本当!? 適切な温度について

低温調理がアンチエイジングに良いって本当!? 適切な温度について

インナービューティーを実践するにおいて、もちろん何を食べるのかも大切なことですが、「どう食べるか」を考えることも必要なのです。なかでも低温調理は、大人女子に嬉しいアンチエイジング効果に期待できるとか!

低温調理はなぜアンチエイジングに良いの?

肌の老化を抑えるには「AGE対策」を意識した食生活を実践することが大切なポイントだそう。AGEとは「糖まみれになって劣化し、機能の落ちた老化タンパク」のことで、AGEを発生させてしまうと皮膚のコラーゲンの原材料であるタンパク質が変性し、シワやたるみを作る原因になると言われています。

AGEを体内に溜めこまないようにする簡単な対策の一つとして、低温調理があります。なぜ低温調理でAGE対策ができるのか?具体的な理由についてチェックしていきたいと思います。

低温調理でなぜAGE対策に適しているのかというと、食材を高温で焼いたり揚げたりすると、同じ食材でもAGEがより多く作られやすくなるからです。一方、45〜65度を意識した調理法であれば、AGEは生成されにくくなります。

具体的なやり方としては、食材をジップ付きの密閉袋に入れて真空状態にし、お湯の中でじっくり加熱していく方法があるそうです。真空にすることで効率よく食材に熱が行き渡ると同時に、素材本来の旨味をUPすることにも繋がると言われています。

【POINT】低温調理は普通の鍋で調理する以外にも、炊飯器の余熱モードをうまく活用する方法などもあるそう。基本的にはワンタッチで簡単に仕上がりますが、生煮えを防ぐためにもこまめに攪拌するようにしましょう。

【低温調理を活かしたおすすめのレシピ】〜サーモンのムニエル(アボカドソース添え)の作り方〜

低温調理初心者向けにて、気軽に挑戦しやすい簡単レシピをご紹介します。

〜サーモンのムニエル(アボカドソース添え)の作り方〜

【材料】
・サーモン 60〜70g
・おろしにんにく 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ2
・乾燥バジル 適量
・塩胡椒 少々

【ソースの材料】
・アボカド 1/2個
・白ワイン 大さじ1
・生クリーム 大さじ2
・塩胡椒 少々

【作り方】
1.塩胡椒で下味をつけたサーモンとオリーブオイルを、ジップ付きの密閉袋に入れて軽く揉み込みます。
2.鍋で湯を沸かし、45度前後になったら1を投入し、約30分間こまめにかき混ぜながら加熱します。
3.ソースの材料を全てフードプロセッサーに入れて攪拌します。
4.2のサーモンをお皿に取り出し、ソースを上からトッピングして完成です。


いかがでしたか?若々しいお肌をGETするべく、是非この機会に低温調理レシピに挑戦してみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事