夏はバテてちゃ始まらない!夏終わりまで「バテない体作り」とは?

夏はバテてちゃ始まらない!夏終わりまで「バテない体作り」とは?

毎日暑い日が続くと、食欲がなくなったり、体がだるくなったりしていませんか? それってもしかしたら「夏バテ」かもしれません。夏を最後まで楽しむためにも、元気なうちにしっかり夏バテ対策をしておきましょう!

体がだるい。これって夏バテ?

そもそも夏バテとはどのような状態を指すのでしょうか?暑い日が続くと、体がだるくなってしまったり、胃腸機能の低下により消化吸収がきちんと働かなかったりと、様々な体の変化が起こります。他にも、エアコンに慣れてしまった体が外気との温度差に適応できずに自律神経が乱れることもあげられます。

さらに夏の間は、お盆休みなどもあり、生活のリズムが乱れやすい時期です。お酒の飲み過ぎや寝不足といった生活習慣の乱れから、自律神経のバランスが崩れて疲労感やだるさ、食欲低下などの症状が起きやすいと考えられています。

夏バテをしない体作りとは?

夏バテを予防するには、自律神経のバランスを保つことが大切と言われており、そのために欠かせないことは、夜更かしをしない規則正しい生活を送ることでしょう。

特に効果的なのは、適度な運動をして汗をかいたり、脈を整えたりするのも自律神経のバランスを調整しやすい対策と言われています。また、エアコンの効いた空間と蒸し暑い外気との出入りが多いと体温調節がしにくいですが、運動で汗をかくことで体温調節がしやすい体になっていくそうです。

さらに食事にも気を使いたいところ。胃腸に負担をかけないよう、できるだけ加熱された消化の良いものを食べるといいでしょう。冷たいものや脂っこいものばかり食べている人は注意しましょう。また、鮭やエビなどに含まれている抗酸化力の強いアスタキサンチンは、自律神経のバランスを調整したり、疲労の回復を助ける働きがあるそうです。消化吸収の機能が落ちないように、食物繊維を豊富に含む芋類や人参、大豆などを積極的に摂るのも予防につながるでしょう。

規則正しい生活のなかで、適度に体を動かして最後まで夏を思いっきり楽しめる体をキープしましょう!

関連記事