青くすみと茶くすみを徹底ケア!くすみ肌とは無縁の肌になる方法

青くすみと茶くすみを徹底ケア!くすみ肌とは無縁の肌になる方法

朝起きて鏡を見たら、なんだか肌がどんよりくすんでいる…なんて経験はありませんか?しっかりスキンケアをしていても、肌はくすんでしまいがち。そこで代表的な青くすみと茶くすみの原因や、くすみ肌をケアする方法を詳しくご紹介していきます。

青くすみと茶くすみになる原因ってなに?

そもそもくすみ肌とは、肌に透明感がなくなり、皮膚がどんより濁ったように見えている状態のことを指します。健康的な肌は、イキイキとした肌の色でみずみずしい潤いがあり、肌の奥から弾力やツヤ感がありますが、肌がくすんでいると不健康に見られがちなのです。

青くすみの原因は、血行不良によるものが多く、青白く顔色が悪いのが特徴です。冷え性により血行が悪くなりやすく、睡眠不足やタバコ、便秘なども一因だと言われています。

茶くすみの原因は、紫外線や摩擦などによるものがほとんどだと言われており、紫外線を浴びることでメラニンの生成が過剰になり、ターンオーバーの乱れを引き起こすことも茶くすみにつながるそうです。

くすみ肌を徹底ケアする方法とは?

青くすみのケアは、血流を良くしてあげることが最も大切です。毎日お風呂にゆっくり浸かりながら、オイルを使ってマッサージをしたり、軽いストレッチや運動などで血流を良くしてあげましょう。

また、洗顔はたっぷりの泡で優しく撫でるように洗っていきます。洗浄力があまり強くないもので、セラミドやヒアルロン酸が含まれたものがおすすめですよ。洗顔後は導入美容液をつけてから化粧水などを馴染ませていくと、より保湿効果に期待できます。

茶くすみのケアは、毎日紫外線をカットする生活を心がけていくことがポイントです。デリケートな肌に紫外線ダメージを与えないためにも、日焼け止めを一年中塗ったり、日傘や帽子などで紫外線をシャットダウンしていきましょう。

スキンケアでは、肌のターンオーバーを正常にするために週に1回ほどピーリングケアをすることと、毎日の保湿ケアを徹底することがおすすめです。
ピーリングケアをして、くすみの原因となる古い角質を取り除くことで、次第にターンオーバーが正常に戻り、徐々に透明感がでてくるでしょう。さらに、化粧水や美容液の水分を重視した保湿ケアで、しっかり潤いを与えてあげましょう。

日頃からケアして、くすみ肌から透明感のある肌へ!

くすみ肌のケアは、日頃から続けていくことがポイントです。また、くすみをカバーするためにファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまいがちですが、くすみをかき消してくれる化粧下地やコントロールカラー、ファンデーションをうまく使い分けることで、素肌感のある仕上がりに近づけるでしょう。ぜひトライしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事