美容オイルを使った簡単ヘアケアで頭皮もすっきりツヤ髪へ!

美容オイルを使った簡単ヘアケアで頭皮もすっきりツヤ髪へ!

スキンケアやヘアケアに欠かせないオイルですが、髪の毛を乾かしたあとにトリートメントとして使うだけでなく、オイルで頭皮ケアやヘアパックができるのです。オイルを味方につけて、夏の紫外線ダメージにより疲れた髪の毛を労ってあげましょう。

美容オイルで頭皮ケアやヘアパック!紫外線ダメージを受けた髪にアプローチ

オイルは食べたりスキンケアとして使うだけではなく、傷んだ髪の毛にも効果をもたらしてくれるため、夏の紫外線ダメージを受けた髪のケアにもおすすめです。

オイルを使ったヘアケアは、乾かしたあとに洗い流さないトリートメントとして使うだけでなく、頭皮ケアやヘアパックとしても大活躍してくれますよ。

オイルで頭皮ケア・ヘアパックをしてツヤ髪になる方法

傷んだ毛先ばかりケアをしていても、頭皮の血流が悪いとトリートメントなどの栄養が届きにくいと言われているため、硬くなった頭皮をほぐしてあげることが大切です。

オイルを使って頭皮マッサージをすると、汚れた毛穴がすっきりしたり、血行が良くなったりして癖毛や白髪の予防にもつながるそうです。

やり方は、シャンプー前の乾いた髪を全体的にブラッシングしてから、手のひらにオイルをつけて温め、頭皮にオイルを薄くつけていきます。そのあと指の腹で優しく揉むようにマッサージし、いつも通りのシャンプーをするだけ!とても簡単なので、シャンプーの前に習慣付けてもいいかもしれませんね。

また、紫外線ダメージにより傷んだ髪の毛には、洗い流さないトリートメントとしてドライヤーで乾かしたあとにオイルをつけるだけではなく、ヘアパックとしてオイルを活用させましょう。

やり方は、いつも通りシャンプーをしたあと、トリートメントをつける前に毛先中心にたっぷりオイルを塗りこみます。そして、温めたタオルで髪全体を巻き、湯船に浸かることで浸透力がアップ。3分ほど放置したら、洗い流さずにそのままトリートメントをつけていけば、いつも以上にしっとり潤う髪になるはずですよ。頭皮につけすぎてしまうと髪の毛を乾かしてもペタンとなってしまうので、オイルパックをするときには毛先を重点的にしてみてくださいね。

オイルを味方につけてしっとりツヤ髪に

頭皮ケアやヘアパックとして使うオイルは、食用ではなく、ホホバオイルなどのフェイスケア用のものがおすすめです。いつものヘアケアにオイルをプラスしてあげるだけで、次第にしっとりとしたツヤツヤの髪に近づいていきますよ!

夏の紫外線ダメージを受けた髪を、お気に入りのオイルでケアしてみてはいかがでしょうか。

関連記事