いつものケアにプラス!ホットオイルケアで顔も身体も艶やかな肌へ

いつものケアにプラス!ホットオイルケアで顔も身体も艶やかな肌へ

美容家やモデルさんなども取り入れている方が多いオイル美容。オイルは食べ物として使うだけでなく、ボディケアやヘアケアなどあらゆる活用法がありますよね。また、温める一手間を加えることで、より艶やかなお肌に近づけるのです。

美肌の味方!オイルを使ったホットオイルケアでしっとり艶のある肌に

オイルは食べるだけでなく、身体の外から塗ってあらゆる美容効果をもたらしてくれると言われている優れもの。また、オイルを温めて使うことで浸透力がアップするなど、いいことづくしなのです。

パーツごとに合わせたオイルを使いながら全身ケアをして、顔も身体もしっとり艶やかな肌になってみませんか?

全身綺麗になるためのホットオイルケアの方法

<フェイスケアとしてオイルを使う場合>
クレンジングをしてホットタオルで顔全体を温めて毛穴を開かせたあと、シートマスクをつける前にオイルを使うのがおすすめです。温めて柔らかくなった肌にオイルを数滴伸ばし、ブースターとして使ってからシートマスクを貼り、シリコンマスクやラップで蓋をするとよりもちもち肌に近づけますよ。

時間があるときのスペシャルケアとしてオイルを使う場合は、顔全体にオイルを塗りこみ、リンパマッサージをしたあとにホットタオルを顔全体に当てていきましょう。毛穴が開いて血流が良くなることで、オイルの美容効果を発揮することができるそうです。


<ボディケアとしてオイルを使う場合>
乾いた肌よりもお風呂で使うといいでしょう。身体を洗った後、濡れたままの肌にオイルを塗りこみ、そのまま湯船につかりながらマッサージをしていきます。また、お風呂にホホバオイルやローズヒップオイルなどのオイルを数滴垂らしておくだけで、保湿入浴剤代わりにもなります。

お風呂上がりには、いつも使っているボディローションやボディクリームにオイルを3〜4滴混ぜてから肌に塗り込んでいくことで、より保湿力が高まってしっとりツヤツヤのボディに近づけるはずですよ。

オイルでボディケアをするときには、皮脂腺が多い胸元や背中につけすぎるとオイルの油分で毛穴を詰まらせて吹き出物やニキビになってしまう場合があるので、胸元や背中は薄くのばす程度にしておいてくださいね。

いつものケアにオイルをプラスしてより美しく

毎日しているスキンケアやボディケアにオイルを数滴プラスするだけで、いつもよりしっとりとした肌に大変身するはず。ボディケアとしてオイルを使うときには、自分好みの精油が入ったオイルで香りを楽しみながらケアをするとリラックスできますよ。

自分に合ったオイルをいつものスキンケアにプラスして、しっとり艶やかな肌を手に入れてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事