肌のたるみ・シワ・シミ… 肌老化の救世主!「フラーレン」の活用法

肌のたるみ・シワ・シミ… 肌老化の救世主!「フラーレン」の活用法

夏の紫外線で受けた肌ダメージは、早いうちに回復させないと手遅れになってしまうことも!いま肌の老化を食い止める「フラーレン」という成分に注目が集まっています。紫外線ダメージによる肌老化を食い止めるべく、そのフラーレン活用法をお伝えします。

フラーレンの効果は?たるみ・シミ・シワなど肌の老化に!

フラーレンのすごさは、肌の中で生まれた活性酸素や化粧品が肌内部で酸化するのを防いでくれるといわれています。その防ぎ方も、ビタミンCのように自ら酸化することで抗酸化するスタイルではなく、サッカーボールのような枠組みの形をしたフラーレンの中に、ぴゅっと吸い込むような形で活性酸素を減らしていくため、紫外線などによる成分の変化も起こりにくく、効果も長時間続くといわれています。

そもそも活性酸素が肌に何の悪さをするのかというと、血管や肌細胞に大きなダメージを与えることで、血行が悪くなって肌のくすみが生まれたり、肌の奥の細胞にまでダメージを与えシワやたるみなどを引き起こす要因の1つとされています。

フラーレンは、そういった肌の老化を抑制したり、改善する効果が期待されているのです。

フラーレンの効果的な使い方とは?

先ほどもちょっと触れましたが、フラーレンには、化粧品の酸化を防ぐという効果にも注目が集まっています。

特に、紫外線ダメージをリカバーする効果が高いと噂の以下の成分との併用がおススメです。
◎ビタミンC誘導体…肌の若返りや美白を促すと期待されている
◎ハイドロキノン…肌の漂白剤という別名をもつ美白成分

なぜなら、これらの成分は元々とても不安定で酸化しやすい成分だからです。近年の研究でそれらの欠点は大きく改善され、有効度も大幅にアップしているそうですが、一部はどうしても酸化してしまうリスクがあるといわれています。

そんなとき大活躍するのがフラーレンです。ビタミンC誘導体やハイドロキノンの化粧品にフラーレン原液を2~3滴プラスするだけで、化粧品が肌内部で酸化することを防いで、それらの効果を最大限に発揮できるようサポートしてくれると考えられているのです!

フラーレン原液であれば、自前の化粧品にプラスするだけのため、出費も少なくすぐにはじめられるでしょう。またフラーレン入りの化粧水やクリームなどもあるので、あなたのスタイルにあったフラーレンを探してみてはいかがですか?

(※本記事は2017年8月30日に公開したものを再編集しています。)

関連記事