ビューティ検定「日焼け」編 第7問

ビューティ検定「日焼け」編 第7問

巷に溢れるさまざまな美容法の中には、効果的なものもあれば、まことしやかに囁かれる都市伝説も…。うっかり信じてしまう前に、知ってるようで知らない知識をクイズ形式でおさらい! あなたは、いくつ正解できる? 答えながら明日のキレイに役立つ正しい知識を学びましょう!
ビューティ検定「日焼け」編

Q6の正解 (4)UVBから肌を守る効果の目安は「PA」で表す

UVBは波長の短い紫外線で、肌の奥まで達することはほとんどありません。夏に浴びやすい紫外線で、レジャーで肌の表面が赤くなったり、痛みが出たり、やけどをしたような炎症が起きるのは、UVBによるものです。
UVBの防止指標は「PA(Protection grade of UV-A)」ではなく、「SPF(Sun Protection Factor)」で表されます。
参考/冬も紫外線で肌にダメージ?ロングUVAの危険性。日焼け止めは効く?

Q7.一般的に人が紫外線を浴びてから、肌に炎症が起きるとされるまでの時間は、次のうちどれ?

(1)10分間

(2)20分間

(3)40分間
ビューティ検定「日焼け」編 第7問

関連記事