ビューティ検定「日焼け」編 第9問

ビューティ検定「日焼け」編 第9問

巷に溢れるさまざまな美容法の中には、効果的なものもあれば、まことしやかに囁かれる都市伝説も…。うっかり信じてしまう前に、知ってるようで知らない知識をクイズ形式でおさらい! あなたは、いくつ正解できる? 答えながら明日のキレイに役立つ正しい知識を学びましょう!
ビューティ検定「日焼け」編

Q8の正解 (3)10時間

SPFの数字は「紫外線を浴びた際に肌が炎症を起こすまでの時間を何倍にできるか」を表します。20分間で肌に炎症が現れるとした場合、SPF30は、「紫外線を浴びた際に肌が炎症を起こすまでの時間(20分間)を30倍にできる」計算となり、

[20分×30倍=600分=10時間]

日焼け止めの効果は10時間続く計算になります。ただし、紫外線を浴びて20分間で紅斑になる人と、10分間で紅斑になる人とでは時間が大きく異なります。また、日焼け止めは汗などで落ちてしまうため、こまめに塗りなおすことが大切です。
参考/夏の美肌美人は知っている!? 日焼けとスキンケアの「いろは」

Q9.目から入った紫外線によって日焼けが起こるケースもあります。サングラスで日焼けを予防する際、選んではいけないサングラスは次のうちどれ?

(1)色の濃いもの

(2)UVカット効果があるもの

(3)大きめのレンズのもの
ビューティ検定「日焼け」編 第9問

関連記事