もう二日酔いには悩みたくない…!事前対策でお酒をもっと楽しむ方法

もう二日酔いには悩みたくない…!事前対策でお酒をもっと楽しむ方法

暑い日は、冷たいビールやカクテルなどを飲みたくなりますよね。でも、たくさんお酒を飲んだあとは二日酔いが付きもの。次の日、仕事があるのに辛い二日酔いのせいで身体がついていけない…と後悔する前に、事前に二日酔い対策をしていきましょう!

お酒を飲んだあとの辛い二日酔いはもう卒業したい…

お酒の席はとても楽しいけれど、飲み会の翌日に仕事があったり、デートがあったり…と大切な予定があるときには、絶対二日酔いにはなりたくありませんよね。
二日酔いになって後悔する前に、事前にできる二日酔い対策をしておきませんか?

二日酔い対策は、お酒を飲む前と飲んだあとにしておくべし!

まず飲み会へ行く前には、コンビニで購入できるウコンやカテキン茶を飲んでおきましょう。ウコンには、肝臓の機能を向上させることでアルコールを分解する働きを高めてくれる効果があります。ウコンの独特の味が苦手な方は、高濃度のカテキン茶がおすすめです。緑茶に含まれているカテキンは、アルコールの吸収を抑えてくれると言われており、二日酔い対策に最適なのです。

さらに、お酒を飲むときは空腹の状態を避けておくことも大切です。美味しいお酒を存分に味わいたいからと空腹のままお酒を飲むと酔いが回りやすくなってしまいます。牛乳やヨーグルトなどの乳製品を事前に摂取しておけば、胃に粘膜が張られて二日酔い対策になるでしょう。

また、お酒を飲むときにはおつまみよりも野菜たっぷりのサラダがおすすめです。アルコールには利尿作用があり、身体の水分が極端に奪われてしまうため、お酒を飲む前に水分の多いサラダをたくさん食べておくと良いでしょう。

帰宅時、アルコールにより脱水状態になっている可能性があるので、とにかくたくさんのミネラルウォーターを飲みましょう。アルコールにより排出された水分をしっかり補うことで二日酔いを防げるとも言われていますよ。

二日酔い対策をしっかりしておけば翌日もこわくない!

二日酔いでうんざりする前に、事前に対策をしておくことが大切です。翌朝のご飯は、お酒によってダメージを受けた肝臓に優しい「梅干し、シジミ・ゴマ」などを使った和食がベスト!

飲み過ぎに気をつけながらお酒の席を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事