飲む美容液!自家製梅酒の作り方やおすすめアレンジレシピをご紹介

飲む美容液!自家製梅酒の作り方やおすすめアレンジレシピをご紹介

梅にはクエン酸をはじめ、リンゴ酸・コハク酸など高い美容効果に期待できる成分が豊富に含まれているそう。インナービューティーの一環として取り入れていくには、アルコールが苦手な女性も飲みやすく、甘くさわやかな味わいが特徴的な梅酒がおすすめです!

飲む美容液!自家製梅酒の作り方

梅酒作りの「基本形」である「青梅」を使って梅酒を作っていきましょう。梅酒は3ヶ月程待てば飲めるようになりますが、更にコクやまろやかさが欲しい場合は、1年程待つ方が良いそうです。

【材料】
・青梅(完熟前の硬い物) 1キロ
・氷砂糖 1キロ(好みで調整してOK)
・ホワイトリカー 1.8リットル
・蓋つきのガラス瓶(4リットルが目安)

【作り方】
1.青梅は大粒で実に張りがある物を選びましょう。
2.瓶を事前に熱湯で殺菌しておきます。
3.青梅を水で洗い、一粒ずつキッチンペーパーやふきんで水気を拭き取ります。
4.3の青梅のヘタを竹串をつかって取り除きます。
5.殺菌済みのガラス瓶に梅・氷砂糖をいれ、上からホワイトリカーを注ぎます。
6.しっかり蓋をし、日の当たらない冷暗所で2〜3ヶ月保管したら完成です!

【POINT】
ホワイトリカーはアルコール度数35度のものを使用しましょう。アルコール度数が低いものも売っていますが、出来れば高い方が梅のエキスが短期間でスムーズに抽出されやすくなります。

【梅酒】おすすめアレンジレシピについて

梅酒は炭酸や氷で割るだけでも十分美味しいですが、ちょっとした工夫をするだけで超・おしゃれなカクテルに…!? 見た目も華やかなのでホームパーティーにも最適ですよ。

<トマトジュース入り梅酒カクテルの作り方>
【材料】
・トマトジュース 200cc
・梅酒シロップ 30cc
・レモン汁 適量
・氷 3〜4個
・ミントの葉 1〜2枚

【作り方】
1.トマトジュース・梅酒シロップ・レモン汁・氷をミキサーにかけます。
2.カクテルグラスに1を盛り付け、ミントの葉をトッピングして完成です。

【POINT】
美容成分であるリコピンたっぷりのトマトジュースを使った「ブラッディーマリー風」の梅酒カクテルです。レモンではなく、柚子やスダチを入れてより和風に仕上げるのもおすすめです。


いかがでしたか?是非あなたもこの機会にお財布にも優しい手作り梅酒ドリンクで健康的な美をGETしてみてくださいね。

関連記事