お尻 or 太ももにできる大きな「おでき」に要注意!正しい対処法は?

お尻 or 太ももにできる大きな「おでき」に要注意!正しい対処法は?

椅子に座った時にお尻・太もも部分に痛みを感じたり、「大きなおでき」ができていたりすると、それは「ある皮膚病」を引き起こしている可能性が考えられます!おできができてしまう主な原因や正しい対処法について確認していきたいと思います。

お尻 or 太ももにおできができる原因は?正しい対処法について

彼に恥ずかしくて見せられない!お尻や太もも部分の大きなおでき…。原因は一体なんなのでしょうか?

お尻や太ももが赤く腫れ、中心部分に膿を持つ大きな「おでき」ができた場合、毛嚢炎を発症している可能性が考えられます。毛嚢炎とは、毛穴の奥で毛根を包んでいる部分にブドウ球菌が侵入し、感染して引き起こす皮膚病の一種と言われています。
毛嚢炎は、体の抵抗力が落ちている時に発症しやすいそうです。普段から規則正しい生活習慣を心がけながら、下着・衣類をこまめに着替えるなど、清潔な状態を維持するようにしましょう。また、毛嚢炎は触らずに清潔にしていれば自然に治っていくようですが、長引いている場合、早めに皮膚科に足を運ぶことをおすすめします。

【POINT】毛嚢炎はカミソリや毛抜きなどのアイテムでムダ毛処理を行うことで発症することもあるそうです。皮膚表面に傷をつけることで、そこからブドウ球菌が侵入してくる可能性もありますので、脱毛ケアを行う際は脱毛ワックスや光レーザーなど、肌にできるだけ負担をかけない処理方法を実践することをおすすめします。

【番外編】デコルテ・背中にできるおできの原因は何?

お尻・太もも以外だとデコルテや背中に赤いニキビ、もしくはおできができやすい部分だとか。こちらの原因・対処法についても合わせてチェックしていきましょう。

デコルテ・背中部分の気になるニキビorおできの原因は、主に衣類のこすれや蒸れであることが多いそうです。背中やデコルテ部分は、顔と同じくらい皮脂腺が多いためケアを怠ってしまうと肌トラブルを引き起こしやすいパーツと言われています。まずは清潔を維持することが大切ですが、角質が厚くなってしまうとそこに皮脂が入り込みニキビができやすい状態になるので、拭き取り化粧水などのアイテムにより角質のケアを合わせて実践することをおすすめします。

いかがでしたか?おでき(毛嚢炎)は菌が広がり、悪化してしまうと切開して膿を除去する必要性も出てくるそうなので、もし発症した際はできるだけ迅速な治療を行うよう心がけましょう!

関連記事