胃腸が悲鳴をあげている!夏の間に受けた胃腸の疲れを回復させよう!

胃腸が悲鳴をあげている!夏の間に受けた胃腸の疲れを回復させよう!

冷たい食べ物やアルコールの過剰摂取など、夏の間は胃腸に負担をかけやすい季節です。夏に受けた胃腸へのダメージは、夏の間に回復させたいところですよね。「胃もたれ」や「食欲不振」の解消に役立つ対策をご紹介します。

【胃腸回復の対策】夏の行動から見る胃腸へのダメージ

まだまだ暑い日が続いていますが、いよいよ夏も終わりを迎えようとしています。今の段階で胃もたれや食欲不振、胃痛やだるさなどがある人は、胃腸が弱っている可能性が高いでしょう。もちろん、これには夏の過ごし方が大きく影響しています。

たとえば、ビールや炭酸飲料を良く飲んでいたり、食事がワンパターンでそうめんやざるそばなどが中心だったり、アイスなどの冷たいものを良く食べていたり…。これらはどれも胃腸に負担をかけやすいものばかりです。

カラカラに乾いた喉に流し込むビールや炭酸飲料は爽快でしょうが、これは胃腸の粘膜を強く刺激するため大変負担になるでしょう。また炭酸飲料が欲しいときは、体が疲れていることが多いので、余計にダメージを与えてしまうことになるそう。冷たい水分を摂りすぎるのも胃腸の血行が悪くなり、消化機能が落ちてしまうと言われています。

食事がワンパターンのケースは、栄養不足になりやすく血糖値が大きく変動してしまうため、食欲不振につながると考えられます。特にアイスの食べ過ぎは糖分の過剰摂取も懸念されます。

そのほか、食べ物以外でも室内外の温度差で自律神経が乱れて消化機能が低下することもあるそう。冷房の効きすぎた空間に長時間いる人は要注意です。

【胃腸回復の対策】どうやって胃腸を回復させればいいの?

消化不良を起こしている人は、胃酸の分泌が弱くなっている可能性が高いです。冷たい物で胃腸を冷やさないように心がけましょう。また、糖質からエネルギーを作るときにビタミンB1が消費されるため、糖質の過剰摂取があるとビタミンB1が不足しがちになります。これは食欲不振につながることがあるため、糖分の摂取は控えめにしましょう。胃酸を作る働きがあるカルシウムや鉄分を摂取するとより回復しやすいでしょう。

またお腹いっぱいに食べるのは控えた方がいいでしょう。食べ過ぎや飲み過ぎが与える胃腸への負担は相当なものと言われています。

これから迎える食欲の秋のためにも、夏に受けた胃腸へのダメージは、夏の間に回復させましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事