無酸素運動はダイエットに必要!? 有酸素運動がやっぱり大事?

無酸素運動はダイエットに必要!? 有酸素運動がやっぱり大事?

ダイエットを考えた時に部分的に引き締めるのではなく、全体的に痩せたいと思ったら、みなさんはやはり腹筋のような無酸素運動よりもランニングのような有酸素運動を優先的に行った方が痩せやすいと考える方が多いのではないでしょうか?

ダイエットに必要なのは有酸素運動?無酸素運動?

ダイエットにはある程度の食事制限も必要となりますが、もちろん運動をすることも大事です。運動をするのであれば、効率よく脂肪を燃焼させていきたいですよね。脂肪燃焼には有酸素運動であるとよく聞きますが、無酸素運動はまったく必要ないのでしょうか?

無酸素運動を行うと成長ホルモンやアドレナリンが分泌され、糖質、グリコーゲンをエネルギーとして使用します。それに対し、グリコーゲンとともに脂肪を使うのが有酸素運動です。やはり脂肪を使い、燃焼させるのは有酸素運動のようです。しかし、もっと効率よく脂肪を燃焼させるには、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせることが有効と言われています。

まず、腹筋などといった筋トレを行うと脂肪細胞の中の中性脂肪酸が分解され、血液中に遊離脂肪酸となって放出されます。この状態では、脂肪は燃焼されていないのですが、この後に有酸素運動を行うことで血液中に流れ出ていた遊離脂肪酸を効率よくエネルギーとして使い、燃焼されていきます。

今まで20分ほど有酸素運動をしないと脂肪は燃焼されないと聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、無酸素運動を行ってから有酸素運動を行うともっとより効率的に脂肪を燃焼していくことができるでしょう。

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて効率よく脂肪燃焼!

いかがでしたか?効率よく脂肪を燃焼するには、筋トレなどの無酸素運動を行うことも大事でしょう。女性の中には筋肉がつきすぎてしまうことを避けたいと思い、筋トレをあまり行わない方もいらっしゃるかもしれませんが、有酸素運動を適切に行い、脂肪を効率よく落とす上でも、筋トレはおこなっていただきたいです。女性は男性よりも筋肉がつきにくいので、20分くらい筋トレを行ってもムキムキになることは基本的にありえないでしょう。

有酸素運動の前には無酸素運動を行い、効率よく脂肪を燃焼し、ダイエットにつなげていきましょう!

関連記事