夏のダメージ肌を追っ払え!おすすめのポリフェノール化粧品とは?

夏のダメージ肌を追っ払え!おすすめのポリフェノール化粧品とは?

秋の足音が聞こえはじめましたが、知らぬ間に溜まった夏のダメージはこの頃に、肌荒れ、シミ、肌のくすみとなって現れることも。夏のダメージ肌の主な原因とそれを改善させるのに効果的とされる成分、「ポリフェノール」についてレポートします。

夏の肌ダメージを生む主な原因は活性酸素

夏ダメージの主たる原因はズバリ「活性酸素」。本来は、体内に入ってきた細菌などを退治してくれる頼りになる存在なのですが、夏の時期に多い次のような原因が重なると、活性酸素が増加し、自分の血管や細胞にも攻撃し、ダメージを与える困った存在になってしまうことがあります。

・紫外線
・光化学スモッグ
・ストレス
・食生活や生活の乱れ

そんな過剰になった活性酸素を抑えて正常化してくれる成分が、抗酸化作用のある「ポリフェノール」。その具体的なポリフェノール成分をチェックしていきましょう。

夏ダメージ肌に効く「ポリフェノール」とは?

ポリフェノールの抗酸化作用は有名ですが、化粧品成分として使用できるポリフェノールは限られています。中でも、夏の紫外線ダメージを受けた肌に試してほしいポリフェノールの化粧品成分をご紹介します。

■エラグ酸
イチゴ由来のポリフェノール成分で、トラネキサム酸やビタミンC誘導体同様、厚生労働省が承認した美白成分の1つです。「メラニンの生成を抑制」してシミを予防するだけでなく、すでにできてしまったシミやシミ予備軍の排出を促し「シミを薄くしていく」作用があるそうです。

■フラバンジェノール
フランスの松から抽出されたポリフェノール。その抗酸化作用の高さが有名です。夏に発生した活性酸素の働きを抑制するのに、おススメのポリフェノール成分の1つです。

■イソフラボン
大豆からとれるポリフェノールがイソフラボンです。抗酸化作用で美白を促すだけでなく、肌荒れにも作用し、肌のキメを整えるような作用があるともいわれています。

ポリフェノール成分による効果は、今ある化粧品にポリフェノール化粧品をプラスするだけでも効果があるといわれています。

ポリフェノールは多くの場合、野菜や植物など天然のものから抽出された肌に優しい成分で、効果は高いのに、副作用は少ないとされる優秀成分。活性酸素が大暴れをしてメラニンが大量に増えてしまう前に、ポリフェノール化粧品で、シミの予防&改善をしましょう!

関連記事