腹筋が割れる?1日10回の深呼吸で「ぺたんこお腹」を手に入れよう!

腹筋が割れる?1日10回の深呼吸で「ぺたんこお腹」を手に入れよう!

薄着の季節に気になるといえば二の腕や太もも。あとは、なかなか痩せない部分として代表的な「お腹」ではないでしょうか? 今回は、普段の生活の中で食事制限や運動ではなく、無理なく始められるお腹痩せ方法をご紹介します。

簡単深呼吸で目指せぺたんこお腹!

特に夏は日焼け止めやダイエットなど、女性はいろいろなケアをしなければならない季節ですよね。新しい運動や美容法を取り入れるのは大変ですが、生活の中で無理なくお腹痩せにきく方法を取り入れることができたら嬉しいですよね。今回は、お腹痩せに効果的な「深呼吸」の方法をご紹介します。

【なぜ深呼吸がお腹痩せに繋がるの?】
深呼吸をする時、横隔膜と腹筋が使われるためインナーマッスルが鍛えられると言われています。
さらに深呼吸をすることで、全身に酸素が行き渡りやすくなり、副交感神経の働きが優位になることで、心身ともに休息モードに導いてくれるとか。リラックス状態にあるとストレスがなくなったり、自律神経が整ったりと、女性は生理痛や肌荒れがなくなる効果も期待できます。またストレスの軽減によって暴飲暴食を防ぐこともできるでしょう。

普段生活している中で焦ったり、不安に思ったりすると呼吸が早くなっていることはありませんか?そんな時に深呼吸をすることは、ダイエット効果だけではなく、自律神経を整える効果やストレスが軽減されるなど、最適な方法と言われています。さて、どのような深呼吸が効果があるのでしょうか?

ぺたんこお腹に効果的な深呼吸の方法とは?

ここでは、ぺたんこお腹に近づくための深呼吸の方法をご紹介します。

1. 背筋を伸ばしてあぐらをかきます。
2. 鼻から5秒かけて吸い込み、3秒下腹に空気を溜めてから、口から7秒かけて吐き出します。
※この時、肩が上がらないよう、下腹に空気を溜めるイメージをもちます。
3. 吸って吐くのを1セットとし、1日10セット行いましょう。

最初はなかなか慣れないでしょうが、しっかり下腹に溜めて、全身に酸素を行き渡らせるイメージで行ってみてくださいね。ゆっくりやっていくことで体は慣れていくでしょう。


深呼吸は、ダイエット効果に期待できますが、自律神経を整える効果もあるので、ストレスが溜まった時やリラックスしたい時などにもぜひ実践してみてください。

関連記事