化粧水のあとに×××するだけ! 夏の化粧崩れを防ぐ裏技とは?

化粧水のあとに×××するだけ! 夏の化粧崩れを防ぐ裏技とは?

汗や皮脂の分泌が盛んな夏の時期。スキンケアをバッチリしていても汗や皮脂により化粧崩れを起こしやすくなります。また化粧崩れを放置していると、くすみの原因につながることも。今回はある簡単な一手間で化粧崩れが防げる方法をご紹介します。

夏の化粧崩れは、今年でおしまい!

蒸し暑い夏は、とにかく汗をたくさんかくため、汗や皮脂の分泌が多くなる時期です。顔は、体の中でも毛穴が密集しているので、顔の毛穴は目立つ部分なのです。

そこで女性が困るのが「化粧崩れ」ではないでしょうか?汗や皮脂が原因で化粧が崩れると、その汗や皮脂が酸化して顔のくすみにも繋がると言われています。せっかく化粧をしたのに崩れてしまい、しかも顔が元気なく見えてしまっては、メイクをしたのに本末転倒ですよね。

そんな時は、ある簡単な一手間で皮膚とメイクの密着度を高める方法があるのです。今回は、この暑い時期に多い、汗や皮脂による化粧崩れを防ぐ方法をご紹介します。

簡単一手間で化粧崩れを防ごう

ここでは、汗や皮脂の分泌による化粧崩れを防ぐ方法をご紹介します。

【準備物】
・保冷剤 2個
・ティッシュ 適量

【方法】
1. いつも通りの洗顔をして化粧水をつけます。
2. 保湿剤の前に、顔にティッシュをおいて保冷剤を頬や小鼻、おでこなど毛穴が気になるところに当てます。
3. 保冷剤が溶けてくるまで軽く当て続けましょう。
4. その後、いつも通りの保湿剤をつけてスキンケアを仕上げます。
5. 下地を塗ってメイクをすれば完成です。

保冷剤で毛穴を引き締めて小さくすることで、化粧水を逃さず、皮脂の分泌を最小限にとどめられると言われています。汗をかいても肌と下地の密着度が高まっているため、メイクが浮きにくくなります。そのため、化粧崩れを最小限に抑えられるそうです。また、毛穴が小さくなることでキメが整い、肌荒れを防ぎやすくなるでしょう。

朝の忙しい時間でも、こんなに簡単な方法なら実行出来そうですよね。眠い時に顔を冷やすことで、目覚めにも一役買ってくれるでしょう。みなさんも、朝の一手間で、汗をかきやすい日の化粧崩れを防ぎませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事