絶対やっちゃダメ!メイクしたまま寝たときのお肌のダメージは?

絶対やっちゃダメ!メイクしたまま寝たときのお肌のダメージは?

仕事から帰ってきたときにはもうクタクタで、そのままメイクを落とさずに寝てしまった…という人もいるのでは?しかし、これがどれほどお肌にとってダメージを与えるのか知っていますか?果たして、どのような肌トラブルが起きるのでしょうか?

メイクしたまま寝るとどんな肌トラブルに?

あたりまえの話ですが、メイクが肌に良いということは、ほとんどありません。そのため、メイクを落とさずに寝てしまうのは、お肌が汚れたまま寝ているのと同じと考えられます。

たとえばファンデーションの多くは、お肌をサラサラにする成分が含まれています。水分を補給していればまだいいのですが、寝ている間は水分補給ができません。そのため、皮脂の過剰分泌が行われ、一晩中乾燥しやすくシワの原因になると言われています。また、皮脂は顔ダニの好物です。過剰分泌された皮脂によって繁殖するでしょう。

メイクは毛穴を塞いでいるため、日中の汗と皮脂が混ざり合って雑菌が繁殖しやすいです。必要以上に毛穴も広がりやすく、ニキビなどができやすい状態になるそう。

特にお肌の表面がゴワゴワしていたら要注意です!メイクをしっかり落とさないと、古い角質が残ってくすんだり、表面の感触も変わったりします。つまり、お肌のターンオーバーが正しく機能できなくなってしまうのです。

これらのことから、メイクを落とさずに寝ることが、いかにお肌に悪いかわかりますよね。

メイクしたまま寝てしまったときの対処方は?

やってしまった…!翌朝、そんな後悔をしても遅いのです。それよりもできるだけのことをお肌にしてあげましょう。

まずは、優しく丁寧にメイクを落とすことです。そして皮脂や残ったファンデーションを取り除きやすいように、蒸しタオルなどで毛穴をしっかり開きましょう。

さらに、洗顔はいつもよりも丁寧に!一晩傷めつけたお肌はとてもデリケートです。キメの細かい泡で優しくに洗顔してください。仕上げは、パックで保湿をしてあげましょう。

ただし、これらの対策は応急的なもので、毎日繰り返せば一気に老け込むでしょう。1ヶ月メイクを落とさず寝ると10歳老けるとも言われています。毎日メイクをしっかり落とすだけで、こうした無駄な肌トラブルや老化を防げるのです。

たった1日くらい…。その積み重ねが老化を早めます。今夜はしっかりメイクを落として寝るようにしましょう。

関連記事