カラダ・ココロ美人を作る!初心者向けハーブガーデニングの始め方

カラダ・ココロ美人を作る!初心者向けハーブガーデニングの始め方

バスタイムをはじめ、食事・鑑賞など様々なシーンにて私達のライフスタイルに癒しを与えてくれるハーブ! ハーブを育てるのは、実は意外に簡単だと言われています。手作りハーブでより健康的に美しい心身を手に入れてみませんか?

初心者向け!ハーブガーデニングの始め方

ハーブは肥料もほとんどいらず、とても丈夫な植物なのでガーデニング初心者でも簡単に育てやすいと言われています。もし初めてハーブを育てるのであれば料理〜お茶まで用途の広いローズマリーや香り豊かなミントなどのハーブがおすすめです。

<ハーブガーデニングの始め方>
1. まずはビニールポット入りの苗を準備します。
2. 浅めのプランターの底に園芸用の鉢底ネットを敷きます。
3. 鉢の高さの1/10を目安に園芸用の軽石を敷きます。
4. 土を半分くらいの高さまで入れます(ハーブ用のブレンド土を入れること)。
5. ビニールポットから苗を取り出し、軽く根をほぐしたらプランターの中に入れます。
6. ハーブの根が隠れるように土を被せ、完成です!

【POINT】ハーブはやや乾き気味の方が育ちやすいので、水やりは週に1回程度で良いそうです。水をあげすぎると根腐れを起こす場合がありますので注意しましょう。

ハーブの正しい摘み方について

すくすくと元気に育ったハーブは収穫し、ハーブティーや料理に活用していきましょう。種類によって摘み方は異なりますので、事前に正しい収穫方法をチェックしておくことをおすすめします。

1.【根元を残して切るハーブ】ローズマリーやバジルなどのハーブは根元から切らないように注意しましょう。2〜3節残して枝の途中からカットすることがポイントです。高さを揃えて一気に切ると綺麗に生え揃いやすくなります。

2.【根元から切るハーブ】パセリやルッコラ、ディルなどのハーブは根元からカットしても切った場所から新しい芽が出てくると言われています。

3.【株元から切るハーブ】ミント、オレガノなどのハーブは、繁殖力が高いため株元から切ってもまた生えてくると言われています。増えすぎた場合は、株元から思い切ってカットする方が良いそうです。


ハーブは自然療法のなかでも特に素晴らしい効能に期待できると医学的にも認められているそうです。セルフケアの一環としてハーブガーデニングを取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事