実はダイエットに向いている!?「餃子ダイエット」のやり方について

実はダイエットに向いている!?「餃子ダイエット」のやり方について

餃子と聞くと太りそう…というイメージを持っている女性が多いのでは? 実は、餃子にはダイエット中に摂取したい栄養成分が豊富に含まれていることから、餃子ほど健康的に痩せられる「ダイエットレシピ」はないと話題になっているそうなんです!

話題!餃子ダイエットのやり方について

なぜ餃子で痩せられるのかというと、餃子には筋肉の元になるタンパク質をはじめ、脂肪燃焼作用のある炭水化物、それをサポートするビタミン・ミネラルの他、便秘解消効果に期待できる食物繊維などの栄養素がバランスよく含まれているためと言われています。ハンバーグなどのミンチ料理に比べると、1個あたり平均18gと非常に軽いため体重を増やしにくいほか、自分が食べた量を1つずつ把握しやすい点も特徴の一つのようです。それでは、早速餃子ダイエットの基本的なやり方についてチェックしていきましょう。

【餃子ダイエットのやり方】
<朝食>野菜スムージー(バナナを1本ブレンドすること)
<昼食>炭水化物を中心とした食事+サラダ1品(計500g)とミネラルウォーター1本分
<夕食>餃子150gと炭酸水500ml

夕食として150gの餃子と炭酸水を摂ることが餃子ダイエットの基本的なやり方です。餃子150g分は、一般的な大きさの餃子であれば大体6〜7個程度が目安となるそうです。ただし、運動をしている日であれば、倍の量である300g分の餃子を食べてもOKと言われています。代謝アップにも繋がりますし、少し物足りないと感じる場合は、ウォーキングなどの運動方法を合わせて実践していくと良いでしょう。また、朝食・昼食も上記のような内容にてダイエットを実践していくとより高い効果に期待できます。

【餃子ダイエット】オススメのレシピについて

餃子ダイエットにはこちらのレシピが最もおすすめです!カロリーカットに繋がる高野豆腐を入れ、代謝を高めるニラをたっぷり加えるのがポイントです。

【材料】
・高野豆腐 1個
・豚ひき肉 120g
・キャベツ(芯を除いた状態)150g
・ニラ 1束
・長ネギ 1/2本
・しいたけ 2枚
・卵 1個
・サラダ油 適量
・餃子の皮 40〜50枚
【下味用の材料】
・おろしにんにく 小さじ1
・おろし生姜 小さじ1
・塩胡椒 適量
・片栗粉 小さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・酒 大さじ1
・ごま油 大さじ1

【作り方】
1.ニラ・長ネギをみじん切りにし、水気をしっかり絞ります。しいたけもみじん切りにカットしておきましょう。
2.細めに千切りしたキャベツを塩もみし、水気をしっかり絞ります。
3.戻しておいた高野豆腐をフードプロセッサーに入れて細かくします。
4.ボウルに1〜3、卵、ひき肉、下味用の材料をすべて入れ、粘りがでるまでよく混ぜ合わせます。
5.餃子の皮に4のタネをのせて、ひだを寄せながら包みます(40〜50個目安にタネを包んでいくと良いです)。
6.フライパンにサラダ油をひき、5を並べて中火で2分程焼きます。
7.底に焼き色がついたら水を100cc加え、中火でさらに5分程蒸し焼きにします。
8.蓋をあけ、さらに水分を飛ばします。水分が全体的になくなったら器に盛り、完成です!


アレンジメニューとして上記のレシピをベースにチーズを入れたり、ベーコンやエリンギを加えて洋風餃子に仕上げる方法も食べやすくておいしいですよ。基本の餃子に飽きた際は、是非お試しくださいね!

関連記事