【大至急!明日までに痩せたい】今すぐできる細見えテク5つ

【大至急!明日までに痩せたい】今すぐできる細見えテク5つ

急なデートや可愛い子がそろう女子会など「楽しみだけどヤバい!痩せなきゃ!」と気の引き締まるイベントってあるものです。とにかく明日!実際痩せなくても痩せて見せたい!そんな時、何をすれば少しでも細く可愛く見せることができるのでしょうか?

描き足せば即小顔
しっかりめの眉

顔を大きく見せてしまう眉毛があります。薄く立体感のない眉毛は、ふわっとした顔立ちに見せることはできても小顔効果はナシ。小さくキリッとした顔に見せたいなら、太くてやや暗めの眉がオススメです。アーチ眉が復活のきざしもありますが、ストレート眉のほうが目と眉が近くなり、顔全体を引き締めてデカ目に見える効果が期待できます。全体を均等な濃さにせず、黒目の上→眉尻→眉頭の順に濃くなるように仕上げるのが太眉でも怖くないメリハリ顔に見せるのがポイント。ごく淡くで良いので、ノーズシャドウをプラスするとより小顔印象に。

小さい顔には余白がない!
パーツバランスで余白を削る

眉が太くなれば顔が引き締まるように、顔の中の余白を減らせばそれだけ小顔印象に。顔の丸さが気になる人は、チークを頬の中央から斜め上に入れるのが基本ですが、シェイディングもプラスすればより小顔の印象に。ただし、シェイディングやコントゥアリングはしているのがバレると、とたんにダサくなるので、物足りないくらいに仕上げましょう。そのかわり、アイラインはちょっと長め、唇はややオーバーリップに、顔のパーツを少しずつサイズアップさせると、小顔印象が高まります。盛りすぎにならないよう、アイラインは目尻のみ強調したり、唇はパール入りのペンシルで上唇の山を描き足すなど、濃く見せない工夫も取り入れてみて。

華奢なパーツを細く見せよ!
とろみ素材の服を着る

服の素材によっても、太って見えたり痩せて見えたりするものです。自然な落ち感がある素材の服を着るとそれだけで3キロくらいは痩せて見える場合も。肩周りは、だいたいの人が骨っぽさを残している部分。ここをキレイに見せれば、「なんか痩せた?」と聞かれることも。シフォン素材やレーヨンの入ったもので華奢見せしましょう。

1日で脂肪は減らないけど水なら出せる!
むくみを取る

脂肪がついて太った時より、むくんだ時のほうが顔も体も大きく、実際の体重よりも太って見えるものです。むくみをオフすれば見た目はかなりスッキリしますし、本当に体重が減ることも。夏は汗をかいたり、冷たい飲み物を飲む分、体内の循環が良くなるイメージですが、実は体内が脱水状態になっていて水分を溜め込んでいる人も多いそう。利尿作用のないただの水を、喉が渇く前に飲むことで溜め込み体質が改善されます。こまめに飲んでトイレに行くのを一日繰り返すだけで、かなりのスッキリ見えが期待できますよ。

1秒で痩せ見えするならこれしかない!
姿勢をただす

一秒でスタイル良く見えるのがこれ。背中が丸まり、肩が落ちているとそれだけで太って見えたり、老けて見えるもの。背筋を伸ばしてアゴを引くことで、痩せて見えるうえ、重心がやや後ろに行くことでゆったり美しい歩き方に見えます。気がつくと猫背になっているという人は肩が前に巻き込まれた「巻き肩」が原因であることも。整体・骨格矯正で正しい姿勢にリセットすれば、「明日までに痩せ見え」も夢ではありません。正しい姿勢・骨格は全身の代謝が良くなる条件でもあるので、姿勢を正すだけで「痩せ見え」ではなく「ホントに痩せた!」が叶うかも?


何となく太って見えるメイクやファッションがあるなら、ちょっと気をつけるだけで痩せて見えるポイントだってあるはず。「あれ、なんか痩せた?」と言わせたい人は試してみて。

関連キーワード

関連記事