それってもしかして逆効果?「いちご鼻」が悪化してしまうNGケア

それってもしかして逆効果?「いちご鼻」が悪化してしまうNGケア

いちごのように、小鼻の黒いブツブツが目立ってしまう「いちご鼻」。ケアしているはずなのに、なかなか改善しない…という方は、間違ったケアを繰り返しているだけかも?! 逆効果になってしまうNGケアとは、どのようなものなのでしょうか?

ケアしているのにどうして?「いちご鼻」の原因とは?

「いちご鼻」とは、古い角質や余分な皮脂が毛穴に詰まり、角栓となっている状態です。その毛穴に詰まった角栓が、空気に触れることで酸化し、黒いブツブツとなり目立ってしまいます。

また、毛穴が詰まることでさらに毛穴が開き、中に詰まった角栓などが黒ずむことで、いちごの種のように見えてしまうことも。

「いちご鼻」の原因には、主に以下のような原因があると言われています。
■皮脂が過剰に分泌されることによる「毛穴詰まり」
■「乾燥」によるターンオーバーの乱れ・皮脂の過剰分泌
■化粧品のすすぎ残し・毛穴の詰まり

この他にも、良かれと思って行っている「毛穴ケア」が、逆にいちご鼻を悪化させるNGケアだった、という可能性もあるんです!

知らずにやっていませんか?「いちご鼻」を悪化させるNGケア

メイクで隠せたとしても、やはり気になる小鼻の黒いブツブツ。「いちご鼻」を改善する為にやっていることが、逆に悪化させてしまうこともあるので、NGケアを早速チェックしてみましょう!

■無理に角栓を押し出す
爪やピンセットで、無理に角栓を引っ張り出すことはやめましょう。余計に毛穴が広がったり、色素沈着の原因になることがあります。

■毛穴パックを使う
「毛穴パック」は、角栓がごっそり取れるので、その時は気持ち良いのですが、肌への刺激がとても強いんです。貼るタイプの毛穴パックは、粘着力が強いので、必要な角質や皮脂まで剥がれてしまうことも。
また、繰り返し使うことで、毛穴はどんどん大きくなり、黒ずみも目立つようになることがあるので、注意が必要です!

■オイルクレンジング
濃いメイクもすっきり落とせる「オイルクレンジング」。皮脂汚れもしっかり落ちるのですが、使い過ぎることで肌の乾燥を招くことがあり、毛穴が開く原因にもなるでしょう。

■ゴシゴシ洗顔する
「いちご鼻」が気になるからといってゴシゴシ洗ってしまうのはNG。ゴシゴシ力を入れて洗ってしまうことで、肌や毛穴が傷つき、悪化してしまう可能性があります。
よく洗顔料を泡立て、優しくマッサージするように洗いましょう。

■保湿不足
肌が乾燥すると、水分を補う為に、皮脂の分泌が増えてしまいます。すると、いつまでも毛穴詰まりは解消されないので、「いちご鼻」も改善されないという訳です。

あなたがやってしまっていたNGケアはありませんでしたか?

鼻は、特に皮脂分泌が多く、角栓がたまりやすいパーツです。NGなケア方法をチェックすることで、黒ずみのないツルツルな小鼻を手に入れましょう!

関連記事