「ブルドッグ顔」にご用心!鏡の前はOKでも…簡単チェック&解消法

「ブルドッグ顔」にご用心!鏡の前はOKでも…簡単チェック&解消法

口角や頬が下がって、いつも不機嫌に怒っているような「ブルドッグ顔」にあなたはなっていませんか?「鏡でチェックしているから大丈夫!」と思っていても、実は、その危険は完全に否定できないのです。簡単な解消法でブルドッグ顔とおさらばしましょう。

あなたは大丈夫?ブルドッグ顔の簡単チェック法

普段、鏡でチェックしている自分の顔というのは、実は、無意識のうちに「キメ顔」になっているといわれています。例えばメイク時、鏡に向かっているときなどは、自然に目をぱっと開け、口元もきりっと笑顔を作った顔になっているそうなんです。

つまり、いつも鏡で見ている自分の顔は、普段の自分の顔とは少し違うということに…。

今、この記事を読んでくださっているその顔をストップ!目元や口元など、どこにも力を入れたりしないで、そのままの顔を鏡でみてみませんか?

すると普段、自分で思っている顔よりも、口角や頬のあたりが下がったようなちょっと老けた印象の顔になっていませんでしたか? 特に、パソコンやスマホに向かっているとき、ひとりで家にいるときの顔こそが、今の本当の自分の顔に近いそうで、そんなとき、大人女子の間では、ブルドッグ顔になっている人が少なくないといわれています。

ブルドッグ顔の簡単な解消法

ブルドッグ顔になってしまう原因の1つは、加齢とともに、顔の筋肉である表情筋が弱くなってたるんでくるといわれています。確かに、10代の子の顔は、ひとりで勉強をしているときも、友達と話をしているときの顔もあまり違いはありませんよね。

そのブルドッグ顔が日常化してしまうと、顔の筋肉はますます固くなり、ブルドッグ顔が固定化するようになってしまう可能性もあるとか…。そうなる前に、簡単にできる解消法をご紹介します!

それは、普段から「口角」を意識することです。「口角を意識する」とは、「笑顔の口元を作る」というイメージが一番わかりやすいと思います。はじめのうちは、自分で口角を上げているつもりでも、鏡でみると、思うほど上がっていない人が多いそう。ですから、はじめは鏡を見て、口角がきちんと上がっているかチェックしましょう。そのとき、同時に意識してほしいのが、頬のあたりの筋肉と目の周りの筋肉も、一緒に上がっているような感覚です。

つまり、ここで大切なのは、単に口角を上げるという動作ではなく、口角を上げるために、頬や目の周りの筋肉など顔の筋肉をしっかり使うということを意識しましょう。

ひとりでいるとき、PC作業をしているとき、ふっと気がついたときに、この口角トレーニングをしてみましょう。この口角トレーニングは、自然と素敵な笑顔を作ることにもつながるそうです!早速、今日からはじめてみませんか?
関連キーワード

関連記事