美肌・美ボディを手に入れるなら血流を良くすることが最大の近道!

美肌・美ボディを手に入れるなら血流を良くすることが最大の近道!

血流が悪いと肌がくすんだり、身体の老廃物が溜まってむくみなどにつながります。念入りにスキンケアやボディケアをする前に、まずは毎日の生活で血流をアップさせながら、より美肌・美ボディに近づいてみませんか?

血流をよくすることでより美肌・美ボディになれる!

血液は主に細胞に酸素を運搬して二酸化炭素や老廃物を運び出す働きをしており、細胞は血液が運んできた酸素や栄養素を使うことで代謝を行っています。この血流を促進させることで、あらゆる面で嬉しい効果をもらたしてくれるでしょう。

血流がよくなると、肌に栄養がしっかりいき渡りやすくなります。するとターンオーバーが正常になり、肌悩みを改善したり、くすみがちな肌やごわついた肌もフレッシュな若々しい美肌に近づけると言われています。

また、血流が悪いままだと基礎代謝が落ちて脂肪を蓄えやすくなり、老廃物の排出がスムーズに行われないため、身体のむくみの原因になってしまうことも。血流をよくしてあげることで基礎代謝がアップし、脂肪がつきにくい痩せやすい体質に変化すると期待されています。

血流をよくするための簡単な方法って?

血流は目に見えてわかるものではありません。そのため、血流をよくする方法を習慣づけていくことがポイントです。

血流をよくする第一歩は、1日2リットル程度の白湯を飲んでいくこと。1度にガブガブ飲むのではなく、コップ半分の量をゆっくり飲んでいくのがコツですよ。冷たい飲み物を控え、やかんで沸かした白湯を飲んで身体の中からあたためてあげましょう。

食べ物によって血流をよくする方法も。血流をよくしてくれる代表的な食べ物は、生姜、にんにく、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、レンコン、にらなどと言われています。温かいうどんやお鍋に入れて積極的に摂取してみてくださいね。

お風呂に炭酸ガス入りの入浴剤を入れることで、すばやく温感効果を得られて血流を良くすることも可能です。お風呂の蒸気は熱を広く深く伝えてくれるため、40℃ぐらいのややぬるめのお湯に15分ほどゆっくり浸かるといいでしょう。

身体を温めて血流を促進!ぷるぷる肌と脂肪がつきにくいボディをGET

手足の冷えが気になる方は、冷えている手足だけではなく、最初に身体の中心から温めておくと効果的です。これから秋本番になり気温が下がってくるため、全身を冷やさないように気をつけて生活していきましょう。

血流が良くなるだけで、次第にぷるぷるのお肌を保てたり、脂肪のつきにくい美ボディが手に入るはずですよ。

関連記事