白い食べ物に注意!? ダイエットには色の濃い食べ物がおススメ!

白い食べ物に注意!? ダイエットには色の濃い食べ物がおススメ!

白い食べ物というとみなさんは何を思い浮かべますか? 白い食べ物は、普段食べているものの中にたくさんありますが、ダイエットをするのであれば注意しなくてはいけない白い食べ物があるんです。きちんと理解してダイエットを行っていきましょう!

ダイエットに向かない白い食べ物とは!?

白い食べ物は豆腐や大根、山芋など健康や美容に良いとされている物もありますが、注意が必要な物もあります。それは、白い食べ物の中には急激に血糖値をあげてしまうものがあるからです。血糖値を急激にあげてしまうと太りやすくなってしまいます。

血糖値を急激に上げてしまい、ダイエットに不向きな白い食べ物にはどんなものがあるのか見ていきましょう!

【その1:白米】
白米は日本人の主食であり、エネルギー源として欠かせない食材とされてきました。ビタミン、ミネラル、食物繊維を含んでおり、優秀な食材ではあるのですが、糖質を多く含んでいるため、食べ方を工夫するなどしない限り、血糖値が上がりやすい食べ物と言えるでしょう。

【その2:小麦粉】
小麦粉を使った代表的な食べ物には、パンがあげられます。パンはGI値も高く、血糖値を上げやすい食べ物の一つ。パンには砂糖を多く使った菓子パンや、バターやマーガリンなど油分を多く使って食べることもあるため、そのような点においても注意が必要です。手軽に食べられるところも太る原因となりやすいでしょう。

【その3:白砂糖】
砂糖は言うまでもなく、糖分の塊なので血糖値は一気に上がってしまいます。また、白砂糖を摂りすぎると、体内では糖化反応というものが起きてしまい、ミネラルやビタミンを破壊してしまうそうなので、健康面においてもあまり摂りすぎはよくありません。

白い食べ物ではなく、色の濃い食べ物を食べましょう!

これまで見てきた注意の必要な白い食べ物ですが、これらは生きていく上でまったく取り除くことは不可能に近いかと思います。摂取量に注意すれば問題ないのですが、実はこれらの食品は代わりとなる食べ物があります。

白米の代わりには玄米を、小麦粉を使ったパンの代わりには全粒粉を使ったパンを、白砂糖の代わりには黒砂糖をおススメします!玄米や全粒粉、黒砂糖は、血糖値が急激に上がりにくく太りにくいという特性があるとか。白い食べ物より色のついた濃い色の食べ物の方が太りにくい!と覚えておきましょう。

この他、同じ理由でホワイトチョコレートよりもブラックチョコレート、白ワインよりも赤ワインの方が太りにくく美容にも効果的とも言われています。色のついた食品を食べて綺麗になりましょう!

関連記事